たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



大雪山(赤岳~白雲岳~黒岳) 2009年7月12日 その1

2009-07-21 | 北海道の山

*
*
*
悪天候のため幌尻山荘で停滞を余儀なくされた私たちは、予約していた黒岳石室をキャンセルし、麓の層雲峡温泉に宿泊することにしました。
当初の計画は、11日に黒岳ロープウェイを利用して黒岳に登り、宿泊先の黒岳石室に荷物をデポし北鎮岳をピストン、翌12日に黒岳石室~白雲岳~赤岳~銀泉台へと下る予定でしたが計画を大幅に変更する必要があります。

残る日程は12日と13日の2日間、最終日の13日は東苫小牧発フェリー19:30に乗ることになっているので、苫小牧により近い夕張岳に登るつもりです。

さて、そうなると今日は大雪山を歩いたあと夕張岳の近くまで移動する必要があり、時間を有効に使うには、層雲峡に車を置き、早朝にタクシー利用で銀泉台まで行く方が良さそうです。
06:05の銀泉台行きのバスがあるのですが、早めに行動を開始する為には多少の出費は仕方ありませんね!
前夜、層雲峡観光ハイヤーさんに予約を入れ午前4時30分に迎えにきてもらいました。
料金は、ジャスト10,000円でした(^-^)v




【山行日】2009年7月12日(日)時々

【コース】 層雲峡04:35======銀泉台05:10/25-----第一花園05:50-----駒草平06:30/07:00-----第三雪渓08:00-----赤岳08:30/40-----小泉岳09:10/35-----北海岳分岐09:50-----白雲岳10:20-----白雲分岐10:40-----北海平11:20/30-----北海岳12:00/30-----黒岳石室13:30/45-----黒岳着14:10/15-----黒岳七合目リフト15:05/10=======層雲峡温泉15:50/16:05==========18:30湯の元温泉(三笠市)
【歩行時間:9時間40分(休憩含む) 約15km】





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


前日は層雲峡ビジターセンターに立ち寄り、今年は例年になく寒い日が多く、大雪の雪解けは2週間近く遅れていることを知らされました。
期待していたエゾツツジなどの高山植物はまだ咲いていないそうでガッカリですが、その分咲き残っている花もあるとのこと、期待が膨らみます!


層雲峡温泉からタクシーで40分、銀泉台に到着しました。
時刻は5時10分、久々の晴れ予報で駐車場はすでに満杯の状態でした。



老朽化のため閉鎖されている銀泉台ヒュッテ

奥に立派なトイレがあります。


赤岳登山口

ここから登山道になります。




ヨツバシオガマ   コガネイチゴ
 
登山道に入るといきなりヨツバシオガマなどの高山植物に驚きましたが、ここ銀泉台は標高が1500mもあるのですから当然ですね!


第一花園まで上がってくると早速、楽しみにしていたジンヨウキスミレ(腎葉黄菫)が
登場!


ジンヨウキスミレ



初めて出会うジ「ジンヨウキスミレ」、やらかそうな独特の形をした葉、腎臓の形から名付けられたようです。


サンカヨウ  ツマトリソウ
 
これらの花はおなじみです。

ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマも見慣れた花なので素通りしていていたのですが、夫が「ピンクはよく見るけど紫色は珍しいんじゃない?」と言われ、なるほど…とシャッターを押しました。そういえばそうかも…


エゾイチゲ
          
初めて出会ったエゾイチゲはまだ開いていませんでした。あとちょっとで開花しそうなのですが待つこともできず泣く泣く先を急ぐことにしました。


ホソバイワベンケイ
 


ミヤマキンバイ

マット状に広がっていました。



06:30  コマクサ平




コマクサ

コマクサ平に来たら「ウスバキチョウを見つけてやるぞ!!」と意気込んでいたのに蝶のことはすっかり忘れていました。
それほど、この周辺は植生が豊かでした!! 


“高山植物の女王”その名に恥じない風格を感じます。



キバナシオガマ




大雪山でしか見ることができないキバナシオガマ、ちょうど見ごろでした。




コケモモ

コロンと丸いコケモモの花、大雪のコケモモは一段と愛らしい形をしていました。


   クロマメノキ      ミヤマエゾクロウスゴ
 
秋においしい実を付け、葉は真っ赤に紅葉するクロマメノキ、花はあまり注目されませんが意外に可愛いです!


エゾイチゲ

登山口近くで見つけたエゾイチゲは閉じてましたが、少し高度を上げた場所に群生していました。
もう終っているかと思ったエゾイチゲがこんなにみずみずしい状態で会えてそりゃ~もう嬉しさいっぱいでした(^-^)v



エゾコザクラ

大好きなサクラソウ系、昨年はトムラウシ山で咲き残った数輪のエゾコザクラに会えました。今回はこのエゾコザクラの大群落に会うのを楽しみにしてきました。
今年はやや遅れ気味だと聞いていたので少し心配していましたが、咲いていてくれて嬉しいです!!


キバナシャクナゲ

丸い球形になったキバナシャクナゲ、北海道で出会うキバナシャクナゲは黄色が鮮やかですね~


第三雪渓

雪渓登りにも少し慣れてきました!


ジムカデ

高山の砂礫地や岩場を好む常緑矮性低木“地百足” 葉の形状からムカデを連想したようです。あれれ、一緒に写っていいる松葉のような葉はツガザクラの葉かも…?



ジムカデはこんな葉をしています。



コメバツガザクラ

すごい!これでもかと言いたいほどびっしりです。



第四雪渓

抜けるような青空、こんな空を見たのは久しぶりです。



そして、いよいよ…


エゾタカネスミレの登場です!

やっと、会えました~~






第四雪渓を登ったところでお目当てのエゾタカネスミレの大群落に出会い、大興奮!!
やや盛りは過ぎているようですが、これだけ咲いていれば大満足

ビジターセンターではタカネスミレとエゾタカネスミレは区別していないと話しておられましたが、私は何が何でも“エゾ”を付けたい
エゾタカネスミレの葉には光沢がありませんが、秋田駒や岩手山で見たタカネスミレの葉には確かに光沢がありました。
ですから、やはり“蝦夷”にこだわりたいです。(^^ゞ



手前の岩々が赤岳 奥のどっしりした山が北鎮岳、真ん中は凌雲岳かな。



高山植物がいたるところに咲き乱れる登山道、もうテンションは上がりっぱなしでノロノロ歩行はさらに亀足に…。

待ちくたびれた夫でしたが、赤岳山頂は展望がバッチリなので大雪の山々をグルリと見渡してご満悦!


ホソバウルップソウとエゾタカネスミレ

小泉岳付近はホソバウルップソウの宝庫でした。



ホソバウルップソウは是非会いたいと願っていた植物です。
八ヶ岳と白馬岳で咲くウルップソウと違い、細長い印象を受けました。
会えてよかったです!



ユキバトウヒレン

花はもう少し先ですが産毛に覆われた葉が印象的でした。
ただ、トウヒレン、ヒゴタイの仲間はどれも似ていて全く自信ないです(^^ゞ



シロサマニヨモギ

黄色い花芽が上がってきていました。




エゾミヤマツメクサ

大雪山のごく限られた場所に咲くツメクサだそうです。


リシリリンドウ

ミヤマリンドウに似ていますが副片が内側に折れています。
会えたのはこの一株だけでした。


 

エゾオヤマノエンドウ








メアカンキンバイ



エゾノハクサンイチゲ



ベニバナミネズオウ

赤いのでベニバナミネズオウでいいのかな?




小さな星がマット状にひろがるベニバナミネズオウ、とても綺麗です。


クモマユキノシタ




エゾノツガザクラ



羊蹄山で見たエゾノツガザクラより淡い色のものが多いです。
大雪にはアオノツガザクラとの間に様々な自然交雑種があるそうで、コエゾノツガザクラやニシキツガザクラと呼ばれるそうです。もしかするとこれもコエゾノツガザクラ
かもしれません。



白雲岳山頂

あれほどお天気良かったのにすっかりガスに覆われてしまいました。
 

その2 に続きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幌尻岳【北海道】 2009年7月... | トップ | 大雪山(赤岳~白雲岳~黒岳... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やまそだち)
2009-07-22 17:01:58
3年前に行った時の懐かしい花達を思い出しました。
我々軟弱組はこんな厳しい縦走はできませんが・・・

銀泉台~駒草平~小泉岳は雨で中止になり、十勝岳山麓散策に変更になりました。
黒岳も層雲峡から一日かがり、緑岳も高原温泉から一日がかりと、ぐうたら散策でしたがほとんど同じ花が見れました。
Unknown (はなねこ)
2009-07-23 09:06:46
あ~よかった。
ようやく晴れましたね。

ジンヨウキスミレの可愛いこと
上弁にも紫条があるんですね。
見てみたい

こんなに愛らしいコケモモも、キバナシオガマも・・・
やっぱり、追っかけをしなくちゃ (^.^)v
やまそだちさん (fu-co)
2009-07-23 21:42:31
やまそだちさん、今晩は!

やまそだちさんは三年前だったのですね~
私のように、ただ撮るだけなら縦走も可能ですよ~やまそだちさんのような芸術写真を撮ろうとすれば時間がかかって当然ですって!!(笑)
大雪のお花はどれも魅力的ですね!
毎年でも行きたくなります。
はなねこさん (fu-co)
2009-07-23 21:53:28
一番楽しみにしていた大雪がお天気に恵まれて幸せでした(^-^)v

そのスケールの大きさに息を呑み、初めて出会うお花に胸がときめきました。

昨年の旭岳では8月中旬で秋風が吹き、霜柱が立っていました。今年は雪解けもままならいとい自然環境、大雪の夏は短いですね~
はなねこさんも一番美しい時季を狙って是非どうぞ!!
Unknown (やまそだち)
2009-07-24 07:04:46
>やまそだちさんのような芸術写真を撮ろうとすれば時間がかかって当然ですって!!(笑)

私の写真も植物写真ですよ。芸術写真は撮れません。
ただ、体力が無いだけです^_^;

ウルップソウは八ヶ岳のものは終わったものしか見ていないので、花の良い時期に見たいです。
キバナシオガマも良いですね。
やまそだちさん (fu-co)
2009-07-24 15:53:27
やまそだちさん、こんにちは!

やまそだちさんの写真は訴える力があると思いますよ~~私は好きです!!

私も新鮮なウルップソウにはまだ出会ったことがありません。
なかなか時季が合わないですね~
Unknown (さな・花の庵)
2009-07-24 21:29:57
こんばんは。

迫力のある文章に、私も行った気になり(それは得意ですねん(笑)読ませていただいております。

沢山の珍しい花たちに出会われましたね。

体力無しの軟弱ものの私には行ける場所ではありませんが、こうして楽しませていただけ嬉しいです。

エゾタカネスミレもいただけたら嬉しいです。

さな・花の庵さん (fu-co)
2009-07-25 20:18:50
さなえさん、こんばんは!

大雪のプチ縦走は本当にお花が多く大満足でした♪

>体力無しの軟弱ものの私には行ける場所ではありませんが、

銀泉台からのコースは比較的楽に登ることができて、たくさんのお花に会えます。
お天気さえよければ無理なく登ることができると思いますので、是非お出かけください!

エゾタカネスミレ、よろしければお使いくださいね(^-^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む