たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



生藤山~陣馬山 【奥多摩、陣馬】 2011年5月5日

2011-05-09 | 高尾、中央沿線の山

 



 

数年ぶりに生藤山に登りました。

当初は高尾~陣馬を歩く予定でしたが、人出を避けるため生藤山からのコースを選び、これが大正解!

ゴールデンウィーク中ではありますが、桜はすでに終わっているせいか上野原から乗る井戸行きのバスはゆったり座ることができました。

石楯尾バス停でで降りた登山客は7~8名、拍子抜けするほど少なく、お陰様でその後ものんびり歩くことができました。

縦走路には緑のシャワーが降り注ぎ、足下には大好きなスミレちゃんがいっぱい!!こんな贅沢を独占できるなんて
何と素敵な山なのでしょう!

 

 この山で 出会った植物をご紹介します。

 

鮮やかなヤマブキがちょうど見頃でした。

《ヤマブキ》 

 

数は少なくなっていましたが、美しいエイザンスミレが咲き残っていましたよ!

《 エイザンスミレ》

 

  

 

この周辺はアケボノスミレがとても多く、あっちもこっちも…

でも、そのほとんどはすでに花は終わっていて残った葉が大きく展開していました。

あと一週間早く訪れていたら、ブーケのような大株に出会っていたかもしれません。


《 アケボノスミレ 》




アケボノスミレとセンボンヤリのコラボ可愛かったです。


中には、まだ蕾を持ったアケボノさんもありましたよ~

 

今年は色々な山でたくさんアケボノスミレに出会いましたが

飽きるほど見ても、この花の美しさを前に素通りなどできず、何度もカメラを向けてしまいます。

当然、歩みはノロノロ…

ハート型の葉が一面に覆う登山道、来年は花の盛りに訪れたいと強く思いました。

 

   

 

かわいいおチビさんのナガバノスミレサイシンが登山道の片隅に咲いていました。

地面すれすれ、その横に咲いていた同種のスミレの花の大きさも高さも半分以下で、とても可愛いです。


《 ナガバノスミレサイシイ 》

後側に咲く白いナガバノスミレサイシンが普通サイズですから、手前のものは遠近法から考えても相当に小さいです。
 

 

   

 

濃い紫色が良く目立つオカスミレ

最初はアカネスミレだと思っていたのですが、よく観察してみると、茎にも葉にも毛がありません。

高尾以外でオカスミレを見たのは初めてです。

 《 オカスミレ 》

 

      

 チゴユリが今一番きれいな時季ですね~

《 チゴユリ 》


《ホウチャクソウ》

 

   


《 ツクバネウツギ 》

 

  

 

《 ニョイスミレ 》

 

  

 

帰りのバスの時刻が迫って、急ぎ足で下っている時、白い花が目に止まりました。

今が盛りのクサイチゴかな?と考え通りすぎようとしたのですが、どう考えても様子が違います。

一時間に一本のバスを逃すと大変なのですが、我慢しきれず引き返しました。

撮影に要した時間は1分にも満たず、ただシャッターを押しただけ。

あぁ~~もったいない…もっとしっかり撮りたかったな!!

こんなに美しく咲いたイチリンソウは滅多に会えないのに…



《 イチリンソウ 》


  

 

イチリンソウが咲く原には長い釣竿を不気味に垂らしたウラシマソウが無数に咲いていました。

とりあえず一枚だけ撮ってきましたが、ウラシマソウってあまり見かけない植物かも…

 
《 ウラシマソウ 》

 

その後、走って走って 何とか発車5分前に到着できました。

 

この日、お天気はいま一つハッキリしない曇天でした。

時間と体力に余裕があれば景信山ぐらいまで歩いてみようと考えていましたが、
和田峠から陣馬山に向かう途中で急に雨が落ちてきそうな怪しい天気になりました。
結局お天気が崩れることはなかったのですが、何だか億劫になり、
もう少しで陣馬山というあたりで下山してしまいました。

時間的には余裕たっぷりだったので、もう少し頑張って歩けばよかったと少々後悔が残りました。

また歩きたいな…。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キバナハナネコノを求めて草... | トップ | スミレ追っかけは続く…【奥多... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガイドブックにも (てばまる)
2011-05-10 00:37:28
生藤山は陣馬山の向かい側の山ですね。まだ未踏ですがちょっと行ってみたくなりました。でももう終わってるですよね・・・ 来年かな~

Unknown (アライグマ)
2011-05-10 16:11:08
>ウラシマソウってあまり見かけない植物かも…

って、ウラシマソウが見たければ来年三浦半島へいらっしゃいませ。
此れでもかって位咲きまっせーー
(ΦωΦ)ふふふ…
こんばんは~♪ (矢車草)
2011-05-10 19:50:03
キバナネコノメの可愛らしい姿に釘付けになりました!
fu-coさんのところでは初めて見る花がいっぱいで心をくすぐります^_^;

一昨日歩いた川苔山でコガエンエコノメソウを見ました
これもfu-coさんのところで拝見していたので飛び上がりたいくらい嬉しくなりました
でもなんだか下手くそな写真ばかりだった がっかり!

生藤山は人も少なくて尾根筋の雑木林も美しくて大好き・・・
でもいつも筋肉痛になります 階段のせいかなぁ?

佐渡では散々でした・・・またチャレンジします♪
1日違いでしたね (Hg)
2011-05-10 19:58:39
こんばんわ~。
アケボノは尾根通しにホントに多かったですね。(アケボノに関しては以前とそんなには変わりませんが)
ヒゴスミレにはビックリしました。けっこう有りましたね。
3年前まではほぼ同じ時期にそれなりに通ったのですが、(節穴だけだったのかもしれませんが^^;)見てもせいぜい1~2輪程度でした。
ここ2~3年で明らかに増えた感じです。

実は、当地鷹ノ巣山でも昨年から急に見るようになりました。ここはまだこれからですので今年がどうなっているかそろそろ気になりかけています。
ここは、ヒゴとサクラが隣り合って咲いています(^_^)
てばまるさん (fu-co)
2011-05-10 19:59:37
てまばるさん、こんばんは。
ヒゴさん、来週だとちょっと厳しいかもしれませんが、とっても雰囲気のよい尾根道でした。
笹尾根方面にも歩いてみたくなりましたよ。
てばまるさんも是非どうぞ!!
アライグマさん (fu-co)
2011-05-10 20:04:09
アライグマさん、こんばんは!

>来年ウラシマソウが見たければ来年三浦半島へいらっしゃいませ
三浦半島に多いのですか?
でも…決して好きなタイプではございませんデス
どちらかといえば、もっと可愛い娘さんが好みかな!!はい。

矢車草さん (fu-co)
2011-05-10 20:11:41
矢車草さん、佐渡はお疲れ様でした。
本来なら写真の整理が追いつかないほどのおみやげを持参していたはずなのにね~
これに懲りずにまた渡ってくださいね!!

矢車草さんのお陰で、生藤山~陣馬山に行ってみる気になりました。
お花も緑のシャワーもとっても素敵でした!
どうもありがとうございました。

コガネネコノメさん、会えてよかったね
Hgさん (fu-co)
2011-05-10 20:17:50
よく歩いておられるHgさんでも、今年のヒゴは驚きでしたか?
初めて歩いた私ってツイますね!!うふ

そして、ヒゴとサクラの競演ですか??すごいですね!そんなの見たことないです。
え~~と、◯ノ巣山ですね、メモメモ…
じつは (アライグマ)
2011-05-10 23:36:01
>どちらかといえば、もっと可愛い娘さんが好みかな!!はい。

σ(^^;)も出来ればヒナスミレのような美人さんのほうが
おはようございます (peko)
2011-05-11 08:39:21

 今年の連休もいつものように帰省し、
いつもの所で、お馴染みの花たちを、楽しんできました。笑

 くじゅうの花は遅れ気味でしたので、
サクラスミレやチシオスミレに数年ぶりに会う事が出来ました。
アケボノさんも、多く姿を見ることが出来ましたよ。

 阿蘇特有のスミレ情報も、厳しかったです。^^;

アライグマさん (fu-co)
2011-05-11 22:02:01
そうですね~

同感です
pekoさん (fu-co)
2011-05-11 22:07:08
今年も九州へ帰省なさっていたのですね!
阿蘇のキスミレ、きれいですね~

くじゅうの花が遅れ気味とうことは、4月に咲く色々な花を見ることができたのでは?

ホソバナコバイモも羨ましいです。
のちほどゆっくり拝見させていただきまね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む