たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



虎毛山 【秋田県】 2009年10月12日(祭)

2009-10-24 | 東北の山

*
*
*

みちのくの名山「虎毛山」に登って一ケ月以上が過ぎました。

賞味期限はとうに過ぎていますが、少しでも記憶が残っているうちにブログに残すことにします。
自分自身の備忘録として…

虎毛山は秋田県湯沢市にある栗駒国定公園の一部で、鳴子温泉の北に位置します。
山頂付近は、東北の山々が一望できる広々とした高層湿原となっていて、300名山のひとつに数えられるのだそうです。
まぁ、個人的には、せめて200名山ぐらいには加えて頂きたい山です(^^ゞ


前日、船形山から下山後は、大和ICから古川ICまでわずか一区間ですが東北道に乗ります。
古川ICを降り鳴子温泉郷を通り、国道108号線を北西に移動し、雨の中を約3時間走り、午後6時30分ごろ登山口に着きました。


前日は車中泊だったので、今夜はゆったりテント泊したい気分でした。
でも、到着時あたりは真っ暗だし、熊が出るかもしれないし、雨上がりで地面は濡れてるし…というわけで今夜も車中泊と相成りました。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【山行日】10月12日


【メンバー】も~りさん、Junさん、fu-co


【コース】
出発点07:00-----赤倉沢徒渉点07:35-----ひのき林08:05-----分岐09:05-----
虎毛山山頂10:00/10:45-----分岐11:25-----赤倉沢徒渉点12:25-----出発点13:05
【行動時間:6時間05分(休憩含)】



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨夜は暗かったのでいまひとつ周辺の様子が分からなかったのですが、虎毛山の登山口へはさらに林道を進むことができるので行ける所まで進んでみます。



最初の登山口から左手の林道を進むと車が5台ほど置ける場所に着きます。
登山届けを入れるポストが用意されているので、ここが最奥かと思っていたら、さらに林道を進んでいく車があり、私たちもそれにならって突き進みました(^^ゞ
水場のすぐそばに車が3台ほど置けるスペースがあり、そこでストップ!!
水場のすぐそばです。






そこから暫らく林道を歩きますが、そのうち登山道となります。



 赤倉沢徒渉点
徒渉といっても、しっかりとした橋が掛かっています。


橋を渡ると立派な案内がありました。


<画像クリックで大きくなります。>



橋をわたるといよいよ登りとなります。



虎毛山頂まで3.2km、あら、意外に近いです^^



ヒノキ、アスナロ林 

ベンチが用意されているのでちょっと休憩!休んでばかり。。(^^ゞ



さて、標高が上がるにつれ木々の色づきが華やかになってきました。
ブナの黄葉が実に見事で急坂も苦になりません。

ブナ林







徒渉点から1時間30分で高松岳との分岐に着きました。ここから山頂までのコースタイムは45分です。

ここで大休止、日射しがでてポカポカと暖かく感じます。
ふと下に目をやるとマイヅルソウらしき赤い実がたくさんあります。


マイヅルソウ





右に折れ、暫らく行くと虎毛山の山容が見えてきました。




山頂付近の紅葉はすでに終盤といったところですが、山肌の微妙な色合いは見ごたえ充分でした。

※中央右がぼんやり霞んでいますが、原因はどうやらレンズに発生したカビのようです。
だいぶ前から、異変に気が付いていたのですが原因が特定できずイライラ、順光の時はあまり影響がないので見て見ぬふりをしていたのですが、この日の写真はカビがバッチリ見て取れます。。トホホ、、、
お見苦しい点は目をつむってくださいまし…




北方面 








虎毛避難小屋



山頂に広がる湿原






山頂はかなりの広さがあるのですが、池塘はほんの一部だけです。
それでも、何ともいえない開放感に時間を忘れてしまうほど…
木道をぐるりと歩いたらベンチでランチタイムとします


風があり少し寒いのですが、避難小屋に入るより外の方が気持ちいいですから。



湿原の花たちが咲き揃ったら華やかになることでしょう!

避難小屋を見学後、下山にかかります。

貸切状態だった山頂でしたが、下り始めた途端、登山者が続々とやってきました。
早めに登っていてヨカッタ!!


いつも感じることですが、視界が違うと景色も一変します。

美しい紅葉に何度も足を止めながら急坂を下ります。




やっぱ、東北の紅葉はきれいだわん。。。






徒渉点から赤倉沢を下っていく道はまだ緑一色、これに色が乗ったら奥入瀬のような風情になるのでしょうか?
水のある風景って、何か気持ちが落ち着きますね!!



10月11日は宮城県の船形山、12日は秋田県の虎毛山に登り、その日のうちに帰京という強行スケジュールでしたが、登山中は雨にも遭わずとてもキレイな紅葉を楽しむことができました。

できることなら温泉に入ってゆっくり紅葉見物をしたいところですが、今回は時間がなくて温泉で汗を流すことも叶いませんでした。
でも、離れた二つの山を歩くことができた喜びの方がはるかに大きいので、鳴子温泉、鬼頭(おにこうべ)温泉は見なかったことにします(^^ゞ
やっぱりいいですね~東北の紅葉は


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 船形山【宮城県】 2009年10... | トップ | 紅葉真っ盛りの西沢渓谷 200... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む