たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



初夏の箱根路へ 【箱根】 2014.05.23

2014-05-26 | その他の山域

 

 


7年ぶりにハコネシロカネソウに再会することができました。

以前、伊豆の山で偶然に見つけた時は、これほど数が少ない希少種とは知らず、名前の箱根に行けば

簡単に出会えると考えていたのです。箱根と一口に言っても範囲が広すぎまよね~

その上、時期も限られているので当然のことですが、そう簡単に見つかるものではありませんでした。


今回も、時期が少し遅すぎたので半分は諦めていたのですが、運良く数輪が咲き残っていてくれました。


【ハコネシロカネソウ】



右側の一輪は、少し手を触れただけで花びらがハラハラと散ってしまいました^^;



先に進んで標高を稼げば、新鮮な花を見ることができるかと期待したのですが、

ハコネシロカネソウの群落は狭い範囲に限られており、その後は見つかることはありませんでした。

とはいえ、とりあえず目的は達成できたのでが場所を移動です。



 

 

 



何度も訪れている散策コースを今回も廻ってみることにしました。

ちょうど、アカバナヒメイワカガミが咲いているころでしょう!

観光客の方もハイカーに交って登っていました。

「ビジターセンターで、アカバナ何とか…いう花が咲いていると聞きましたが…まだ遠いですか??」と尋ねられ

「あと20分ぐらいでしょうか!」と答えると、嬉しそうに汗を拭きながら頑張って登っていかれました。

足もとがちょっと厳しいけど、綺麗な花を無事に見られるといいですね~

遠足でやってきた小学生も元気に登っているので、負けてられませんね!!


数年前に見事な咲きっぷりを披露してくれたポイントはまだ一部しか開花しておらずガッカリでしたが、

一周した最後でこのようなご褒美をいただきました。


【アカバナヒメイワカガミ】

 

 

 


日当たりの良いこの場所は葉の色も花色も違ってますね~




【シコクスミレ】

シコクスミレは、ほぼ終了でした




【ジロボウエンゴサク】



【ミヤマハコベ】




【ツクバネソウ】




【トウゴクミツバツツジ】





【コウグイスカグラ】(小鶯神楽)



小さなウグイスカグラという名前ですが、ウグイスカグラの花より大きいので名前に違和感を覚えます。
別名のチチブヒョウタンボク、ヒメヒョウタンボクの方がしっくりきますね~



   【オオバスノキ】



【サルトリイバラ】



昨年、登山道を飾っていた白や青のコキクザキイチゲ、オトメスミレ、エイザンスミレなどはすっかり姿を消しており、

少し残念な気持ちになりましたが、艶やかなアカバナヒメイワカガミを見ることができてよかったです^^;

そして、念願の“箱根でハコネシロカネソウ”を見ることができたのは何よりの収穫でした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サクラスミレ咲く草原 【奥... | トップ | 三ツ峠山 【山梨県】  201... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事