たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



カッコソウが咲く山 【群馬県】 2011年5月26日

2011-05-28 | 北関東の山

 

 

 

まだ5月だというのに、関東地方もついに梅雨入りしてしまいました。今日も肌寒いです。
5月の爽やかな風を感じた日数は数えるほど、今年の天候は本当に変ですね~~

でも、そのおかしな天候のお陰で、遅れて咲いた花々に会うことができました。

梅雨入りの前日、カッコソウで有名な群馬県の山に登ってきました。

カッコソウといえば、あまりに有名すぎて今さら山名を隠すまでもないのですが…一応。。。^^;

数年前に登ったのは5月初旬、カッコソウは早すぎて、ほとんどが蕾の状態でした。
下旬となった今回は逆にすでに終わっているだろうとほとんど期待せずに訪れたのですが、
意外にもたくさんのカッコソウに会うことができました。

実は今回、この山を訪れた本当に理由はカッコッソウではなく別の花なのです。 

そして、その花は期待どおり、いえ期待以上の見事な咲きっぷりでした

 

 

この日は小雨が降るあいにくの天気で湿度が高く汗びっしょり!!
噴き出る汗と何度拭いても曇るメガネに、ほとほとうんざりしていた時、
鬱蒼とした林床で可憐に咲くカッコソウの移植地に到着しました。

地元の高校生と保存会の方の努力によって、今年も沢山咲いていてくれてくれました。本当に有難うございます!

群生地は二ケ所あります。

第一群生地では花数は僅か数えるほどですが、ロープのすぐ傍に咲いていてくれたので近くで見ることができました。

《カッコソウ》

 

 

第二群生地は、斜面いっぱい!!凄い数です。

遠くから眺めるだけでも見ごたえ充分でした!!

 

かって、盗掘により激減したカッコソウが、 移植とはいえ、こうしてこの地にしっかり根をおろし、可憐に咲き誇る姿に嬉しさを感じます。

昨年より今年、今年より来年と…少しずつでも増えていってほしいものです。

 

  

 

標高の低い山ですから、さすがにスミレは終盤、今回会えたのはニョイスミレとフイリフモトスミレの二種類だけでした。

 

《フイリフモトスミレ》

見事な斑が入ったフモトスミレが山頂直下に咲き残っていました。いつも見ても観葉植物のような葉に惚れ惚れします。

 

 

 

お楽しみ、第二弾はヒメイワカガミです。

以前、秋田駒ケ岳で白色のイワカガミに出会ったことがあります。帰宅後、
その花がヒメイワカガミだったことを、野生植物写真館の宮本さんから教えていただきました。
なるほど、亀の甲羅のような葉がベニバナ(アカバナ)ヒメイワカガミと同じですね!
白色のこちらが本家だったのですね!!

 

《ヒメイワカガミ》

 

群生を期待したのですが花数は少なく、しかも低木の下に隠れるように咲いているので、うまく撮れませんでしたが

会えて嬉しかったです。

 

 

 

地味で目立たない花ですが、垂れ下がる姿が愛らしいドウダンツツジ属のアブラツツジが満開でした。

先日の妙義山系では、まだ咲き始めでしたので、今回ちょうど良い状態で会えたことが嬉しくて何枚もシャッターを切りました。

 

《アブラツツジ》

 アブラツツジとは不思議な名前ですね~
名前の由来は葉の裏が油を塗ったように光っているからだそうですが、写真を撮ることに夢中で、葉の裏を確認するのを忘れてました…次回こそは絶対に見なきゃ!!

 

 

この山はアカヤシオが有名ですが、アカヤシオに代わって、ヤマツツジが綺麗に咲いていました。

アカヤシオほどの華やかさはありませんが、小雨に濡れた新鮮なヤマツツジは素敵でした。

《ヤマツツジ》

 

 

 

最盛期はやや過ぎていますが、ヤマブキソウの鮮やかな黄色が薄暗い登山道に点々と目立ちました。

葉が細く切れ込んだ芹葉のタイプがあるかもしれないと、探しながら歩いてのですが、そちらは残念ながら見つかりませんでした。

《ヤマブキソウ》

 

 

 

そして、そして…圧巻は何といってもこの群落です。

この花に会いたくてやってきました!!

《ヒイラギソウ》

 

  

 

わさび田のような、段々に切られた斜面が濃い青紫色に染まっています。

まさに、真っ盛り!!これほど群生しているとは想像もしてなかったので興奮しました…

限られた山でしか見ることができないヒラギソウ、今回はこの花が第一目標でした。

一番良い状態で会えたことに感謝感謝です

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミョウギイワザクラの咲く頃... | トップ | 飯縄山【長野県】2011年5月2... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お~(^o^)丿 ()
2011-05-28 22:11:20
カッコソウのお山に行かれたのですね(^_^)/
まだ沢山咲いていて綺麗です。

私が行った時は固い蕾だったヒメイワカガミとヒイラギソウ
とっても素敵に咲き誇っていてこの時期も良いのですね。

今日は台風の影響で諦めていた奥多摩のシロヤシオとトウゴクミツバ
朝あまり降ってなかったので急いで支度し出遅れたので駆け足で歩いてきました(^^ゞ
ただのおバカですが花付もよくて出掛けた甲斐がありました(^_^)/
Unknown (さな・花の庵)
2011-05-29 08:11:04
おはようございます。

ヒイラギソウは未見の花ですが、古代ムラサキが美しいですね。
群落ともなるとなおさらです。

フットワークの軽いfu-koさんがうらやましいです。
彩さん (fu-co)
2011-05-29 13:26:12
雨にもめげず、奥多摩ですかぁ、すごいですね雨に濡れたシロヤシオ、綺麗だったでしょうね~!?

この山は、彩さんと同じく8日に計画していたのですが、調査してみると今年は遅れ気味のようで、時期をつかめず延び延び…今頃になってしまいました。
今年はもう諦めようかとも考えたのですが、行ってよかったです。
スミレやルイヨウボタンは終わってましたが、他の花たちに会えたので、時期を変えるのもいいですね~
正直、これほど咲き残っているとは、嬉しい誤算でした。

健脚の彩さん、
まさか今日(日曜日)もお山じゃないよね?^^;
さな、花の庵さん (fu-co)
2011-05-29 13:35:14
さなえさん、こんにちは!

ヒイラギソウは過去二回ほど見ていますが、これほどの群落は初めてでしたので、感動しました。
以前は5月初旬だったせいもあり、株数は少なく感じました。
もしかしたら、以前より増えたのかもしれませんね。
自然の力ってすごいものですね!!
Unknown (やまそだち)
2011-06-04 21:58:57
私は5月14日でしたのでナルカミスミレはなんとか見られましたが、カッコソウは少し早すぎでした。
ヒイラギソウも花の良い状態にあうのは難しいのですが、すごく良い状態ですね。

今回は大人数の観察会だったのでコースが少し変えたので、来年は一人で花コースを歩きたいと思います。
やまそだちさん (fu-co)
2011-06-05 20:25:35
やまそだちさん、こんばんは。
こちらに記事にもコメントを寄せてくださっていたのですね。
有難うございます。

ナルカミスミレにも会いたいかったのですが、
あっというまに時が過ぎ、気づいたら5月も下旬になていました。
時期が遅いのであまり期待してなかったのですが、思わぬご褒美にニコニコでした。

>来年は一人で花コースを歩きたいと思います。
色んなコースがあるようですね!
私も珍しいスミレちゃんにも会いたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む