田中雄二の「映画の王様」

映画のことなら何でも書く

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』

2017-05-11 09:44:02 | 映画いろいろ
ギヴァーからレシーバーへ、伝承の物語



近未来、人類は理想郷の「コミュニティー」で平和に暮らしていたが、
そこは徹底した管理社会であり、人々は薬によって感情を抑制されていた。

主席長老(メリル・ストリープ)から「レシーバー(記憶を受け継ぐ者)」に任命されたジョナス(ブレントン・スウェイツ)は、
全ての記憶を蓄えた「ギヴァー(記憶を注ぐ者)」(ジェフ・ブリッジス)のもとへ向かう。

やがてジョナスはキヴァーの導きで地球や人間の本来の姿を知り、
社会のあり方に疑問を抱くようになる、というお話。

つまり、ロイス・ローリーの児童文学を映画化した本作は、
ギヴァーからレシーバーへという伝承の物語なのだ。

ところで、聖書、哲学、記憶といったテーマを盛り込みながら、
若者が理想郷の真実を知り、そこから脱出する中で成長していく姿を描くという話は、
古くは『2300年未来の旅』(76)、最近では『ダイバージェント』シリーズなどがあり、あまり新味はない。 
そして序盤はモノクロで始まり、ジョナスが真実を知るとカラーになるという映像処理も類型的なのだが、
昔からこういう映画は割と好きなので点数が甘くなる。

監督はオーストラリア出身のフィリップ・ノイス。
90年代にハリソン・フォード主演のジャック・ライアンシリーズ『パトリオット・ゲーム』(92)『今そこにある危機』(94)などで名をはせたが、
以後はテレビに活躍の場を移しており、久々の再会となった。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『破裏拳ポリマー』溝端淳平 | トップ | 『スプリット』 »

コメントを投稿

映画いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL