駿河台の日常

明大界隈の出来事を中心に伝えます。

ラーメン界のニューウェーブ

2008-11-11 14:14:35 | Weblog
明け方の強羅より、昨日、今日の東京の方が寒い。というわけで、薄手のセーターを引っ張り出した。コート姿の人も多く見かける。寒いからお昼はラーメンでもと思ったら、先月、会社のそばにオープンした「麺処 三四郎」は長蛇の列。そのうち入ってみるつもりだが、12時前にはもう行列ができている。「天空落とし」の湯切りが有名らしい。プロレス技だね。プロレスといえば、神保町交差点裏、立ち食いそばの「梅もと」の路地を入ったところに「覆面ラーメン」という店ができた。店主が覆面をかぶっている。白覆面と黒覆面がいる。でてくるのは「覆麺」。そのうち、虚無僧ラーメンとか、御高祖頭巾ラーメンなんていうのも登場するのではないか。もっともラーメンをゆでながら尺八は吹けないか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポーラ美術館まで | トップ | TKG »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む