Tanaka masaru

田中 賢ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

7月3日(火) 大阪レストランバー・ローレンスにてカバーライブ

2012年07月07日 10時59分22秒 | 日常と音楽
 一言でいえば、あー、ほんとうに充実!そんな夜でした!
 お初天神通りにあるレストランバー・ローレンスは初めての場所だったが、そこに入った瞬間から、どこかなつかしいような感じがした。店長さん、スタッフのみなさんたちはとても暖かく迎えてくださって、リハもスムーズだった。グランドピアノがここちよい!やっぱりキーボードとは何もかもが違っている。弾いた感触とともに音が体に伝わってくるのが気持ちいいのだ。樫本さんのボーカルはいつものように伸びやかだ。
 お店は思ったよりも広くて、ライブをしっかり聞く人や食事をしている人など、自由な空間であった。が、お客さんたちがぐーっと聴いてくださっているのもしっかりと伝わってきた。
 今回はひたすら、音楽を楽しんだという印象だ。難しいことは何も考えなかった。良い緊張感を持続しながら、樫本さんと、お客さんたちといっしょに、すばらしい曲の数々を感じることができたと思う。同じ時間をライブによって共有するっていうのは、こういうことなんだろうな。ほんとうに、ピアノを弾きながらうれしさが込み上げてくる。
 平日の夜、仕事を終えて来てくださった方々も多かったはず。ちょっと気持ちがいやされたような、仕事のことはひととき忘れて、また明日に向っていけそうな、そんな時間をもっと作っていきたいものだ。
 実際に僕自身もそのようなあわただしい時間の中を右往左往しているのだ。何とか練習時間を作って、何とか本番にも間に合っているのだ。とはいえ、もしも音楽という世界が自分になかったら・・・と思うと、ほんとうに恐ろしくなる。僕はどんなふうに生きているんだろうかと、想像ができないのだ。
 そして、この夜も、樫本さんの音楽に対するまっすぐさみたいなものを彼の歌声や言葉たちからいっぱい感じることができた。彼もめいっぱいにハードなはずなのに、今回も新たな曲に取り組んだりもできたし、彼のバイタリティーは僕にもお客さんたちにもここちよく伝わる。
 気持ちの良い演奏とお酒であった。いろいろな方々に喜んでいただけて、ほんとうにありがたかったのである。
 そこにいてくださったみなさん、感謝いたしまーす!
 ローレンスでの演奏はシリーズ化の予感!これからが楽しみ!
 このところは、僕と同じく視覚障害を持つ高校生さんたちの進路学習会で、ギターを持ちながら話す機会があったり、教員の方々の研修会にて、これまたギターを持ちながらのお話ができたりと、何だか不思議なことも多い。自分にできる仕事であれば、何かの役に立てるのであれば・・・何でもやってみたいこのごろなのである。
 特に高校生さんたちに向って話した時には、何10年ぶりかで、自分が高校生のころに作った「おくびょうもの」という歌も歌ってみた。進路に悩んでいたころの歌、広い世界に飛び出したいと願って作った歌。自分自身の魂のルーツみたいなものを再確認できたみたいで、うれしい経験だった。
 というわけで、引き続き音楽の旅は続く・・・。

Stage 1
1 Mr. Bojangles / Nitty&Gritty Dirt Band (or Jerry Jeff Walker)
2 This Night / Billy Joel
3 In My Life / The Beatles
4 Rocket Man / Elton John
5 Don't Let the sun go down on me /Elton John
6 Whiter Shade of Pale / Procol Harum

Stage 2
7 Living Without You / Nitty&Gritty Dirt Band (or Randy Newman)
8 OL'55 / Eagles (or Tom Waits)
9 She's always a Woman / Billy Joel
10 Guilty / Bonnie Raitt (or Randy Newman)
11 Me and Julio down by the schoolyard / Paul Simon
12 Desperado / Eagles

Stage 3
13 Vienna / Billy Joel
14 Tight Rope / Leon Russell
15 Across the Great Devide / Nanci Griffith (or Kate Wolf)
16 Big Yellow Taxi / Joni Mitchell
17 Lady Madonna / The Beatles
18 Stack-a-Lee / Dr.John

Encore
19 Louisiana 1927 / Aaron Neville
20 Angel / Sarah Mchlaclan

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライブのお知らせといろいろ | トップ | 7月14日(土) ハート・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む