田中川の生き物調査隊

平成12年3月発足。伊勢湾に注ぐ田中川流域の自然と生き物を調べ、知らせる活動をしています。三重県内の生き物も紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フウトウカズラハチヂミフシ

2014-09-22 | 虫こぶ

フウトウカズラハチヂミフシは,フウトウカズラクダアザミウマ(形成者)によりコショウ科のフウトウカズラの葉にできる虫こぶである.

2014.9.19 志摩市志摩町御座の岩井崎方面に出かけ,フウトウカズラの葉に虫こぶができているのを見つけた.
虫こぶハンドブックによると,葉の縁が葉裏側に巻かれ,さらに葉身全体が複雑に巻縮する虫こぶ.大きさや形は変化が多い.虫えい内部には多数の幼虫・成虫がみられる.虫えいを形成しないが,虫えいの組織を食べて育つ,形成者と近縁なフウトウカズラヤドリクダアザミウマという寄居者(同居者)がいる.



『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋海棠 | トップ | イノコズチクキマルズイフシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

虫こぶ」カテゴリの最新記事