田中川の生き物調査隊

平成12年3月発足。伊勢湾に注ぐ田中川流域の自然と生き物を調べ、知らせる活動をしています。三重県内の生き物も紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マヨビキトゲミギワバエ

2016-01-16 | ハエ目(双翅目)

ミギワバエ科トゲミギワバエ属のマヨビキトゲミギワバエ Notiphila (Agrolimna) puncta de Meijere

標本個体は,菰野町田口の東海自然歩道近くの湿地で2015.6.14に見つけたもの.本種は青山高原でも見つかっている.
マヨビキとは眉引きのことで,眉墨(まゆずみ)で眉をかくこと.低く平らな稜線のようすが眉の形に似るところから、「横山」にかかる枕詞にもなっている.古典の素養がないと使いこなせない和名である.
トゲミギワバエ属のトゲは中脚の脛節背面に生える3〜4本の長剛毛のこと.なお,この属の前縁脈はR4+5脈付近で終わり,触角第2節には長い剛毛がある.

マヨビキトゲミギワバエの特徴は,額に2個の黒色円紋があり,中脚の剛毛は4本,翅の前縁は強く黒色となること.額に目玉模様があるのは,ミギワバエ科では本種のみ.国内での分布は,埼玉,神奈川,愛知,三重.
Notiphila (Agrolimna) punctaは,中国,インド,ネパール,フィリピン,スリランカ,台湾に分布するが,日本産のマヨビキトゲミギワバエとは別種の可能性もあるらしい.

2013年発行の大阪市立自然史博物館所蔵双翅目目録(1)を参照した.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メスアカケバエの群飛

2016-01-16 | ハエ目(双翅目)

ケバエ科ケバエ属のメスアカケバエ Bibio japonica (Motschulsky,1866)

An observation on the aerial swarm of Bibio japonica (Motschulsky,1866)(Diptera:Bibionidae)

2015年の春,三重県津市河芸町の豊津海岸でメスアカケバエの群飛を観察した.

三重県ではこれまで津市内から5個体の標本が記録されているだけで,レッドデータブック2015では絶滅危惧粁(VU)に選定されているほどだから,まとまった数を採集できていないどころか,多数の個体が飛び交う様子は見たことがなかった.同県の10年前のレッドデータブックでは情報不足種としていたが,10年間の調査を経ても,なかなか新産地を発見できなかったことと既産地の環境変化も見られたため,ランクが上がったのである.

かつて,Bibio rufiventris Duda の学名で記録されることが多かったが,最新の昆虫目録ではBibio japonica (Motschulsky)となっている.

メスアカケバエは,体長11mmほど.雄は全体が光沢のある黒色で,体表の毛はすべて黒色である.普通種のハグロケバエと紛らわしいが,ハグロケバエの胸部側面と腹部の毛は褐色であり,また胸部背面がつや消しなので区別できる.翅の脈にも違いがあって,ハグロケバエのRsはr-mの約2倍長で,本種は約4倍長.雌は中胸背と腹部は淡赤褐色で腹部第1背板には一対の黒点を持つ.成虫は3〜6月に出現と図鑑類には載っているが,三重県内の採集記録や私の目撃メモを見る限り,4月19日から5月6日までであり,3月や6月に出現するなんて当地では考えられない.Hardyほか(1960)は奄美大島などから3月に採集し,北海道や東京などから6月に採集している.成虫の寿命は,長くて2週間くらいなものだろう.

メスアカケバエは日本各地の普通種で,幼虫は土中の腐植質を食し群生するが,茨城・愛知では農業構造改変にともなって減少傾向にあるという。(日本野生生物研究センター,1980)






メスアカケバエ♂

参考文献
堀野満夫,2008.近畿地方におけるメスアカケバエの記録.はなあぶ,25:60-61.
柿沼進,2013.山口県のケバエ類の記録(1).はなあぶ,35:15.
吉田浩史・八木剛,2012.兵庫県の注目すべき双翅目.きべりはむし,34(2):12-25,兵庫昆虫同好会・NPO法人こどもとむしの会.
吉田浩史,2015.兵庫県の双翅目8.ケバエ科・トゲナシケバエ科.はなあぶ,39:77-84.
三重県,2015.三重県レッドデータブック2015-三重県の絶滅のおそれのある野生生物-.758pp,三重県農林水産部みどり共生推進課.
中村剛之,2009.栃木県のケバエ(双翅目,ケバエ科).栃木県立博物館研究紀要 自然,26:15-20,栃木県立博物館.
靭公園自然研究会,2012.いのちの森・生物多様性公園をめざして-大阪都心・靭公園の自然と歴史-.303pp.,大阪自然史センター.
日本野生生物研究センター,1980.第2回自然環境保全基礎調査 動物分布調査報告書(昆虫類)全国版.財団法人日本野生生物研究センー.
近藤繁生・高崎保郎・浅井弘三・久野武顕,1990.愛知県の双翅目.愛知県の昆虫(上),169-197,愛知県昆虫分布研究会.
鈴木裕・脇一郎・久保浩一,2004.ハエ目Diptera.神奈川県昆虫誌掘845-906,神奈川昆虫談話会.
内田正吉,2009.白井市の双翅目昆虫.白井市生物多様性調査報告書,609-630,白井市,千葉.
鶴崎展巨・林成多・宮永龍一・一澤圭・川上靖,2012.鳥取砂丘の昆虫類目録.山陰自然史研究,7:47-82,鳥取県生物学会.
Hardy, D. Elmo & Mitsuo Takahashi, 1960. Revision of the Japanese Bibionidae (Diptera, Nematocera). Pacific Insects, 2(4): 383-449.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツルリンドウの赤い実

2015-12-07 | 草花

リンドウ科のツルリンドウTripterospermum japonicum

2015.11.21 伊賀市の里山.明るい山道を歩いていると,そこかしこに赤い実が目についた.つる植物ツルリンドウの実である.
虫を探して歩き回っているのだが,虫を見つけられなくても赤い実と出会うと癒される.
また,出かけよう.伊賀の里山へ.


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フウトウカズラの赤い実

2015-11-27 | 樹木

コショウ科のフウトウカズラPiper kadsuraの果実

鳥羽市の菅島は,常緑つる植物のフウトウカズラが多い島である.海岸近くの森林に出現する植物だから,暖地の島はフウトウカズラにとってもってこいの環境であろう.菅島を歩き回っていて,そのフウトウカズラに赤い実が着いていることに気づいた.
コショウ科の植物だけに,インド原産のコショウに葉も実も似ている.
フウトウカズラを食草としているツマアカアオヒメハマキも赤い蛾である.ますますフウトウカズラが好きになった.
2015.11.24

フウトウカズラハチヂミフシ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハツカネズミ

2015-11-26 | 三重の生き物

齧歯目(げっしもく)ネズミ科ハツカネズミ属のハツカネズミ Mus musculus Linnaeus, 1758

小ネズミがひょこひょこと我が家の農機具小屋から庭に走り出してきた.軽快な走りではない.飼い猫が近くでうろうろしているから,一度は猫につかまって,辛うじて逃れ得たという様子.

先月,小屋に入れてあるコンバインを点検した時,コンバイン本体内の配線がネズミにかじられていることに気づいた.コンバイン内に残っていたモミもかじられていた.

しばらく小ネズミの後をつけた.庭に生えているスギナの葉を食べだした.捕まえようとしたら.草むらの中へ入り込んでしまい,見失ってしまった.
ほどなくして,飼い猫がネズミを見つけて,脚で押さえつけたりしているうちにネズミは動かなくなった.

ネズミはエタノールの液浸標本にして,知人に渡した.種名はハツカネズミと判明した.ハツカネズミは珍しいネズミではないが,それを標本にする人はなかなかいないので貴重な標本だと喜んでくれた.採集ラベルもビンに入れて置いた.

ハツカネズミは昔から我が家に住み着いていて,家族の皆はこれをコギシロと呼んでいた.三重県内各地の知り合いに確かめると,皆コギシロと呼んでいるという.方言なのだろうか?

2015.11.22
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオハナワラビ

2015-11-26 | 草花

ハナヤスリ科ハナワラビ属のオオハナワラビ Botrychium japonicum (Plantl) Underw.

鳥羽市の菅島に出かけた.木漏れ日が時々差している程度のうす暗い尾根筋の遊歩道を歩く.風は強かったが,暖かい日で少し汗をかいた.前を歩いていた二人連れの人が立ち止まってシダ植物を眺めている.「これ,オオハナワラビですよね」「そうですね」と言い合っている.
見ると,フユノハナワラビとそっくりの姿だ.
オオハナワラビの高さは30〜50僂如せ鈎呂里笋篌召辰仁啼發棒限する.茎に毛が散在する.

2015.11.24
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオムラサキ幼虫

2015-11-15 | チョウ

日本の国蝶であるオオムラサキ(タテハチョウ科)の幼虫がエノキの葉を食べているのを見つけた.
11月初旬のこと.
成虫は6〜7月に出現するが,私はまだ見たことがない.
幼虫は落ち葉の下で越冬する.ゴマダラチョウの幼虫と一緒に見つかることもあると聞く.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノコギリクワガタとアカハバビロオオキノコ

2015-11-10 | 甲虫

クワガタムシ科のノコギリクワガタProsopocoilus inclinatus

伊賀市の里山を探索.甲虫は,2頭のノコギリクワガタと1頭のアカハバビロオオキノコに出会った.
ノコギリクワガタは38个45个両型の雄.アカハバビロオオキノコの体長は6仄紂

2015.11.4

体長45个離離灰リクワガタ♂ こちらに向かって威嚇のポーズ


オオキノコムシ科のアカハバビロオオキノコNeotriplax lewisii
本州,四国,九州に分布する普通種.光沢のある橙赤色をしているが,キノコ食の昆虫は標本にすると変色しやすいと聞くので,この種も変色してしまうのだろうか.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイノヒゲボソムシヒキ♀

2015-11-09 | ハエ目(双翅目)

ムシヒキアブ科ヒゲボソムシヒキ亜科アイノヒゲボソムシヒキ Grypoctonus aino Speiser, 1928

鈴鹿山脈でアイノヒゲボソムシヒキを捕まえようと,いなべ市大安町の石槫峠に3日連続で通った.初日は曇り空で風も強く,尾根沿いを探し回るも1頭も見つけられなかった.2日目は風もあり雲の多い日で,時折わずかに陽がさす程度,登山道周辺で2頭を目撃したが捕獲はできず,写真撮影だけ成功.この写真はその時の1枚である.3日目は風もなく秋晴れで,登山者も多かったがアイノヒゲボソムシヒキも多かったので大満足.上着や捕虫網にも止まろうとする個体が何頭もいた.
ハタケヤマヒゲボソムシヒキは見かけなかった.

写真の個体は,翅の透明度が高く,長さもあるので♀.♂の翅は短く,わずかに褐色を帯びる.2015.10.31

アイノヒゲボソムシヒキ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラクウショウ紅葉

2015-11-09 | 樹木

ラクウショウ(落羽松:Taxodium distichum)はスギ科ヌマスギ属の針葉樹.別名はヌマスギ(沼杉).

鈴鹿青少年の森,道伯池のほとりに高木のラクウショウを見つけた.三重県内では,松阪第一小学校の校庭に植えられたラクウショウが県の巨樹古木150選にリストアップされているものの,その他では見かけたことがなく,私が見たのはこの2ヵ所だけである.

メタセコイヤの葉は対生するが,ラクウショウの葉は互生する.
『樹に咲く花』によると,葉が水平に並んでつく枝を鳥の羽根に見立てて,枝ごと葉が落ちるさまから落羽松の名前が付いたという.
2015.11.6

膝根と呼ばれる呼吸根を地中から出すことが知られている.ここでも乾燥しているところでは見当たらないが,水辺には多くの膝根が見られる.


球果は秋に緑白色から褐色に熟す.すでに褐色になっているものも見かけた.メタセコイヤのそれよりも大きい.


鳥の羽根のように見えるかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トチュウの秋

2015-11-08 | 樹木

トチュウ科トチュウ属のトチュウ Eucommia ulmoildes Oliver

鈴鹿青少年の森の薬用植物園.黄葉した2株のトチュウの樹を見つけた.1株にはたくさんの果実(翼果)がついていて,もう1株には全く果実(翼果)がついていなかった.トチュウは中国中南部原産で,雌雄別株の落葉高木である.樹皮は漢方薬の原料となり,葉は乾燥して茶葉として利用され杜仲茶と呼ばれ人気がある.近所の知人もこの木を植えていて,杜仲茶をごちそうになったことがある.剪定しても,すぐに上へ上へと伸びる元気な樹である.

2015.11.6



トチュウ雄株


トチュウ雌株
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムクロジ黄葉

2015-11-08 | 樹木

ムクロジ科ムクロジ属のムクロジ Sapindus mukorossi

鈴鹿青少年の森には薬用植物園がある.そこにムクロジの樹が植栽されていることを聞いた.聞いたその日の内に会いに出かけた.きれいに黄葉したムクロジがあった.

ムクロジは,雌雄同株の落葉高木で高さ15mほどにもなる.三重県内のあちこちの神社や寺院にも植えられている.
果皮はサポニンを含んでいるので,よく泡立ち,洗濯や洗髪に使われた.果実の核は黒くて硬く,羽根つきの球や数珠にも使われた.この黒い核に穴をあけるのは大変な作業だと聞いたことがある.

2015.11.6

飴色の果実.ちょいと細工をすれば,小動物の顔にも似せて,かわいい置物として楽しめる.


葉は互生.黄葉がきれい.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イングリッシュオークの樹

2015-10-28 | 樹木

English oak

2015.10.21 鎌倉の鶴岡八幡宮へ知人と出かけた.
源平池の近くに見慣れぬ木が有って,イングリッシュオークの樹だという説明プレートを見つけた.
日英友好のために,2002.5.24に植樹されたものだと書かれていた.

平日でも観光客でにぎわう鎌倉.なかでも大仏や鶴岡八幡宮は人出が多い.しかし,この樹の周りには誰もいなかった.
鶴岡八幡宮の境内には,静御前ゆかりの静桜も植樹されてあった.





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンキアシナガヤセバエ

2015-09-07 | ハエ目(双翅目)

ナガズヤセバエ科Neriidaeのモンキアシナガヤセバエ Nerius femoratus Coquillett, 1898

2015.6.7 鈴鹿市の深谷公園.樹液の出ているクヌギの木にモンキアシナガヤセバエを見つけた.同じ木にホシアシナガヤセバエもいた.

モンキアシナガヤセバエは,三重県からの既知の記録はこれまで見当たらない.本種は四国と本州に分布する.県内の複数ケ所で生息を確認しているが,個体数はホシアシナガヤセバエに比べ少ないと感じている.新訂原色昆虫大図鑑靴砲茲襪函ゆ造脇明で,r2+3とm1+2に支脈なく,灰白色の胸背に明瞭な3黒条を持つ.


2015.6.4 モンキアシナガヤセバエ  カトウトゲアシモグリバエの姿も見える.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コバノカモメヅル

2015-09-07 | 草花

ガガイモ科カモメヅル属のコバノカモメヅルVincetoxicum sublanceolatum

雨の日が続き,しばらく調査に行けなかった鈴鹿市の深谷公園に出向いた.湿地周りでコバノカモメヅルの花を見つけた.この花を初めて見たのは15年前,他の植物に絡み付いて赤紫の花を咲かせていた.美しくか弱いものが何かに縋り付いて生きている.大好きな花だ.

つる性の多年草.本州の関東地方,中部地方,近畿地方の山野の草原や湿地に自生するという.

2015.9.2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加