SEゴルファーのOJTレポート ~職場のゴルフコンペブービー から THE OPENロイヤルトロフィー への挑戦 ~

このブログは、私のゴルフ理論を書く「ゴルフ雑誌の連載コラム」のようなものです。日記(私生活の記録)ではありません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悪いライの練習方法

2016年09月18日 | 練習
打ちっ放し練習場で「悪いライからのショット」の練習をしたいものです。「ちょっとでもダフッたら全く飛ばない」というライを練習場の打席で作りたいです。
「マットの上に何かを敷いて、その上にボールを置いて打つ」のが良いでしょう。最高の方法はまだ見つかってませんが、現時点で思いついて試しているのは「濡れタオル」を敷いてその上にボールを置いて打つことです。タオルは普通に置くだけでは飛んでいってしまうので、タオルの端をマットに挟み込みます。そうすると飛んでいかなくなります。しかし、「何発か打つとタオルが破けてしまう」という問題はあります。
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コースでの突然のシャンク | トップ | クラブが求めるアドレスとス... »

練習」カテゴリの最新記事