・日々の出来事を簡単にまとめています。
田中がくBLOG



14日
午前・午後と受けていた陳情をこなす為に市役所で仕事をしてました。
時間が出来たので、西小学校へ行って15時30分頃から芝生の肥糧散布を行って来ました。
途中から、PTA会長の秋山さんが手伝ってくれたので1時間ほどで終わりました。
雨の前日に出来て良かったです。







19時からは、今年2回目のひつじ会に参加しました。
今回のゲストは、谷川とむ代議士と藤原市長でした。
藤原市長は、19時30分~20時30分頃までの参加でしたが、忙しい中での出席にメンバーみんなが喜んでました。
ひつじ会では、毎回のことながら政治・経済について盛り上がるので谷川とむ代議士も質問攻めにあってましたね!
次回の開催は、8月頃の予定です。




15日
9時~10時40分頃まで、畠中町会のふれあい喫茶に行って来ました。
今回は、谷川とむ代議士が初めて参加してくれました。
また、藤原市長・砂川副市長・波多野副市長・櫛󠄁本部長もきてくれて盛り上がりました。
今回も、多くの皆さんと意見交換が出来たので良かったです。






12時~13時30分までは、自民党大阪府連市町村議員連盟役員会に出席しました。
役員会が始まる前に、中山泰秀府連会長と左藤章政調会長から、「おおさか政令市プラン」について説明が有りました。
質疑応答の中では、かなり厳しい意見も出ていました。
結局13時30分からは、春の政策勉強会が開催されるので、議論は時間切れになりました。
もう少し時間をかけて詰めて行かなければならないですね!







休憩もせず、引き続き勉強会がスタートしました。
講師は、西田昌司参議院国会対策委員長代理です。
森友学園問題や国会で現在審議されている事を詳しく説明してくれました。
森友学園問題については、「これは、大阪の問題で私学審議会でなぜ承認したかを追求しなければいけない、なので国会では無くて大阪府議会で100条委員会もしくは、私学審議会のメンバーを参考人として呼んで議論するのが適切です。」と言われました。
また、「道州制など、新自由主義を意味も解らず主張する大阪維新は、信用が出来ない新自由主義の理論は昔に終わっていてるのに、今更持ち出して新しい物に見せようとしているのに大阪府民は気づかなければならない」と言われていたのが印象に残りました。
質疑応答では、私から「国の経済対策について地方(基礎自治体)を振り回すのはやめて欲しい、国のプラン通りに動いても1年後にはハシゴを外されるので国に対して不信感を抱いてしまう」と訴え所、西田昌司先生からは、「2020年のプライマリーバランスの黒字化を先延ばしにしても地方自治体を応援する、それが一番の景気対策にもなる」と答えて繰りました。
さすが、地方議員出身の西田先生だけあって地方の苦労を理解されてます。
西田先生の答弁を聞いて、参加していた地方議員は全員が納得していました。
15時になり、勉強会が終了したので、役員会が引き続き行われましたが、私は青年局のイベントが有るので皆さんにお任せして失礼しました。





16時から準備をして、大阪府連青年局役員・学生部・なにわ塾生の合同バーベキュー大会を二色浜で行いました。
火を熾し16時40分頃からスタートをしました。
17時頃には、藤原市長が表敬訪問に来られ17時20分頃には、谷川とむ代議士が参加されました。
20名以上が参加されていたので、学生部や塾生さんたちとゆっくり意見交換をさせて頂きました。
私は、畠中町会の各種団体役員会が19時から有るので18時40分に失礼しましたが、皆さん盛り上がっていました。









19時から、畠中町会館で行われて各種団体役員会では、懇談の所で、今回はアライグマ被害について報告させて頂きました。
やはり多くの目撃者が居てました。
農業に携わっている方からは、被害状況なども報告されたので私も気合を入れて捕獲に努めますと伝え役員会が終了後、複数回目撃されている場所に檻を移動する事になりました。
現地に行くと真っ暗なので翌朝にする事になりました。


今日は、8時から檻を移動して来ました。
撒き餌もしっかりとしたので、捕まると良いんですが!
午後からソフトボールの練習に行くので帰りに見て来ます。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 平成29年 ... 谷川とむ事務... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。