小さな農園

日々の労働と想いをつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

農地

2011-06-24 04:40:39 | お花

 梅雨のこの時期、雨の日は草刈とハウスでの作業となります。昨日も畑の土がぬかっており、草刈を3時間ほど行いました。草刈の合間に畑の近くの里山から、様々な虫、セミ、鳥の鳴き声が聞こえました。その声の大きさは今年一番であったように思われました。先月草刈をした同じ場所を刈ったのですが、何も野菜がない時には何も思わず作業をしましたが、今回はカボチャ、ウリが蔓をのばしてきました。緊張したり、成長する姿を想像したりの作業でした。同じ農地でも作物があるとないではこのように気持ちを変わります。最近、耕作をしていない畑で、トラクターが除草のために耕起している、そんな景色をよく見かけます。たぶんむなしさを感じながらの作業と思います。野菜等を栽培してこそ農地と言うるのでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞の記事より | トップ | 26日に大震災にかかわる講... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。