*じょびじょび*ミシン

ミシンを持ちたいママたちの、お手伝いブログ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初心者向けのミシンなら。

2016年12月13日 | Weblog

こんにちは、じょびじょび*です。

天気はいいけど、ぐんぐん寒くなってきていますね

最近は朝手に取る服がパンツスタイルばかりで、ワタクシ女子力がピンチです!!



さて、今回は実際に友人にお勧めしたミシンを紹介していきますね。

ミシンって、その人のライフスタイルや使い方によって

ベストなものが変わってきます。

友人にじっくり話を聞いて、まとめた条件がこちら。


予算は5万前後、出せても6万まで。

置く場所は固定、でもスペースはコンパクトに。

出産前に使い始めて、子供が大きくなっても使えるもの。

近場にミシン屋さんが無いけれど、アフターフォローはしっかり欲しい。

ミシンは中学校以来なので、使い方が簡単なもの。



予算的にも、立地的にも彼女にはインターネットのミシン屋さんがよさそうです。

似たような性能のミシンでも、店舗の運営費や販売台数の違うインターネットのお店だと、

びっくりするぐらいお値段が下がるんです。

ただ、店舗のお店のように、何かあったら聞きに行ったり、ミシンを試しに触ってみたりできない。

修理も持ち込みじゃなくて、販売店舗に宅配便で送ることになったり。

店舗だと、無料講習会なんてあったりしますので、

インターネットのお店では、店舗ほどアフターサービスは強くないのです。


などなど…実際の店舗とインターネットのお店の違い、話し始めたらきりがないので

また別の日に記事にするとして、今回はさっくり進めていきま~す。


友人に勧めて、実際に購入となったミシンはこちら!!

シンガーコンピュータミシン モナミヌウプラス SC217


まずこのモナミというシリーズ、糸かけや糸通しなど本当に操作が簡単なミシンです。

使い方の分かりやすさではナンバーワンで、初心者向けといえばこれ!という、代表機種です。

実際友人も、届いてから縫い初めまで、取扱説明書を少し見ただけで

一時間もかからずできちゃった!」とびっくりしてました。


そしてなんといっても、静かさが一番なんです。

これはミシンを実際に動かし比べると分かりやすいんですが、

そのため、楽しみたいお母さんにはおすすめです。


モナミシリーズはSC100、SC200、SC300と種類がありますが、

SC100は自動糸調子の制御がコンピューターではなく、液晶画面もない。

自動糸切もなく、模様縫いの数も必要最低限です。

いいミシンなんですが、今回友人には物足りない様子でした。


SC300は、模様縫いで文字縫いがついてくるのが一番のメリットなんですが、

まだ子供が産まれる前の友人にとっては、まだ名前入れはいらないかな…とのこと。

SC217を選んだのは、下糸関連の機能が簡単になっていることもありますが、

刺しゅう機EU-2対応なのが決め手になったそうです。

のちのち、子供の名前入れが必要になった時に、

刺しゅう機を購入して、きれいな文字で名前を入れたいのだとか。


SCシリーズの改良版として、刺しゅう機対応の機種が、

ミシンの販売会社各社から出ています。

先ほどのSC217だけじゃなく、215、250などなど…。

それぞれ工夫して作られていますので、比べて頂ければと思いますが、


友人がSC217に最終的に決めたのは、

お店の電話の対応がすごくよかったのと、

ついてくる保証の内容に納得がいったから…。



今後サポートを受ける上で、やはり一度、お店の人の声を聴くのは大事ですね~


今回注文したのはこちらのお店。よければ参考になさってくださいね!


『手芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミシンのお店選びって? | トップ | 今さらながら。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。