りえ子のブログ

小田原市議会議員田中利恵子です。会派は日本共産党です。子どもたち、高齢者、障がい者が大切にされる市政をと頑張っています。

もう秋、小田原城址公園&その周辺

2016年10月22日 | なんでもかんでもコーナ~

この間のこと。

 小田原アジバーガー。

 パン生地ふわあまで、アジはカリもち。これも秋。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合併、中核市への移行、新たな広域連携体制を目指してよいのか?

2016年10月22日 | なんでもかんでもコーナ~

昨日、第一回目の小田原市・南足柄市の「中心市のあり方」に関する任意協議会が開催されました。

冒頭両市長からの挨拶がありましたが、人口減少、地域活力低下への懸念、安定的な行政サービスの提供ができる体制の実現などということで、そのことが耳に残りました。人口減少、地域活力低下への懸念はその通りですが、ただいつからどのように、何が原因で人口減少となってきたのか、どうしたら人口減少、地域活力低下がとまるのか、そのことがこの任意協議会で議論ができるのかと疑問になりました。

体の不調が何処からきているのか、原因を突き止めなければ適切な治療ができないのと同じで、治療を間違えると大変なことになると思うからです。

国の「地方創生」は人口減少や東京一極集中に対応することになっている。なので地方もそのように対応しなければ人口減少然り、地域活力の低下を防ぐことはできないと考える。簡単にいうとこういうことになると考えます。

合併、中核市への移行、周辺自治体との新たな広域連携体制という手法で、本当に人口減少、地i域活力低下を防ぎ安定的な行政サービスの提供ができる体制の実現になるのか、しっかり議論していきたいと考えます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ピクトグラム

2016年10月06日 | *市*議*会*

9月定例会の一般質問で自転車による市内の事故を防ぐ対策等についても質問しました。

 高齢者から「自転車が歩道を走っているけどヒヤッとする」「車を運転中自転車に乗っている人が横を通るとハラハラする」ということで、自転車のことでご意見を色々頂いていました。そこで今回これらに関して質問にとりあげることにしました。

 昨年改正道路交通法が施行されました。以前より自転車に関する罰則が厳しくなっていますが、それは全国の自転車による事故があとを絶たないことが要因にあると思います。

 そこで色々質問すると、市内の自転車事故の件数は、平成25年222件、平成26年239件、平成27年194件と、毎年度200件程度で推移していることが分かり、その事故のうち自転車と自動車との事故がほぼ大半を占めているということも分かりました。

 そして、安全対策に交通教室を開催している、車道の左端に自転車ピクトグラムを設置している。今後も交通教室、交通キャンペーンと自転車ピクトグラムを設置して行くとありました。

 写真の矢印と自転車の絵が自転車ピクトグラム。

 これにより、自転車はここを走ること、車を運転中の人はここを自転車が走って来るので注意を払うこと。こうなっているわけです。

 今後についてはピクトグラムの効果と検証についてと、中学生を対象にした交通教室の開催を求めました。
  これらについては行っていくとのことでしたが、ハードとソフト両面を根気よく行なっていくことが大事だと考えますよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決算総括質疑

2016年10月02日 | *市*議*会*

決算特別委員会は総括質疑が終了。

①斎場費のアドバイザりー委託料の妥当性について②斎場事務広域化協議会負担金の人件費の取り扱いについて③住吉橋修復実施設計の内仕切り門と欄干の直接的な雨水対策について④個人番号カード負担金の不用額4千555万5000円の理由について⑤介護予防・日常生活支援サービス事業の、介護予防・日常生活支援総合事業へ移行した際の利用者等に対する説明について⑥この総合事業の事業費の上限に対して、平成27年度実績はどの程度になっているのか、また上限を超過するおそれはないか質疑しました。

アドバイザリー委託料の積算根拠は、アドバイザーの人件費が主なものであり、他の先行事例や内閣府のガイドラインを踏まえている、妥当であるとのことだった。協議会負担金の人件費は、協議会に参画している全ての市町が応分の負担をするという、いわばルール化されたことになっている。

住吉橋の件は、雨水がはけていくように橋の床下に勾配をつけた。水切り用金物は銅製に変更、腐食抑制効果があるとのこと。個人番号カードはカードをつくる枚数が想定していたより下回った。

 介護保険サービスの利用者へ総合事業に係る案内の通知、住民向け説明会の開催、デイサービスやホームヘルプサービスの事業所にて、個々の利用者に説明した。実績額は9千840万円余、上限1億6千920万円に対し、約58%で、超過するおそれはない。などと以上答弁がありました。

 平成27年度のアドバイザリー委託料は、約1千9百万円。平成27年度は平成26年度に予定していたが1部終了していない分等が業務内容になっている。特定事業の選定、事業所の募集及び選定などということだった。また、それらの積み重ねが積算根拠となるといったことだった。

 なので、そう言われてみればその通りだと考えるのだが、それでもそれだけではよく分からないのです。平成26年度が1千2百96万円。平成27年度が約1千9百万円。アドバイザリー委託料が高すぎると考えるのですが。
<現地査察>

写真は、片浦小学校太陽光発電設備等設置事業

決算額は、

3千9百87万円余
内訳は、

太陽光発電設備等設置工事
2千2百65万円余

屋上防水改修等工事
1千3百49万円余

耐震診断等委託料
3百73万円余

財源内訳は、県補助金(再生可能エネルギー等導入推進基金)1千9百40万円余、地方債1千6百30万円余、一般財源が4百17万円余となっています。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年決算特別委員会の委員の1人です

2016年09月23日 | *市*議*会*

決算特別員会は9月21日~10月4日まで。日本共産党の会派からは、吉田福治議員と私田中が委員となっています。

今日は前回に引き続き書類審査。総務費、民生費、衛生費などを審査しました。決算議案は全部で14件あるので審査を行なう場合はかなり絞り込んで臨むことになりますが、集中してとりかかることが出来るので、順調に行なうことが出来ていると...、言ってもいいでしょう。がんばる。

写真は「おだわら市民活動センターUMCO」の建物横にあるポケットパークです。歩いていてちょっとここで休むといい感じです。好きな場所の1つです
。早朝がいいかな~

                                ...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「基本チェックリスト」で必要なサービスが得られるのか??

2016年09月21日 | *市*議*会*

9月定例会真っ最中で、20日に一般質問を行いました。

 質問の1つに、市が今年1月1日から実施した「介護予防・日常生活支援総合事業」について、どのような状況になっているのか色々聞きました。もっとも気になっていたのが、要支援1、2のホームヘルプサービスとディサービスが介護保険の給付外となり、これを市が行なうことになったので、このことによる影響はないのか、あるとしたらどういう影響があるのかということでした。

 市は認定更新時に「基本チェックリスト」を使って、要支援1と2の方の心身の状況などをチェックしています。25項目ある設問に「ハイ」「いいえ」と答えていくのですが、このチェックだけで本当にその方にふさわしいサービスが得られるのか?ということなのですが、このことが疑問なのです。

 ちなみに市では地域包括支援センターの職員の方が、要支援認定者の更新時に訪問し、心身の状況、サービスの利用状況、本人の希望などを確認した上で必要な方に「基本チェックリスト」を実施している。希望のある場合?はこれまで通り要支援認定の更新をしているとのことです。

 丁寧な説明を行い、理解をいただいているとのことで良いと思うのですが、やはり時間はかかっても要介護認定を行なったほうが確実だと考えるのです。

  設問は①バスや電車で1人で外出していますか、②階段を手すりや壁をつたわらずに昇っていますか、③6ヶ月間で2~3㎏の体重減少はありましたか、④半年前に比べて堅いものが食べにくくなりましたか、⑤週に1回以上は外出していますか、⑥(ここ2週間)毎日の生活に充実感がないなどとなっています。

 要介護認定では74項目のチェックリストとなっていて、しかも主治医の意見書が必要とされますが、この場合は主治医の意見書は不用となっています。

 そこで、主治医の意見書の必要性を求めたのと、せめて他市が行なっているような独自のマークシートによる主治医からの意見を聞いたり、徹底して家庭訪問を行なうといったことを求めました。しかし現在行なっていることでよいということなのか・・・、この提案は受け入れてもらえず残念。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終戦71年目の8月15日の夜

2016年08月21日 | 戦争をする国にさせない

8月15日は革新懇主催の「戦争体験を聞き語る会」があり参加しました。「沖縄戦の証言」のDVD上映と体験者からのお話しは、戦争の悲惨さ平和の尊さを今年もしっかり伝えるものでした。

戦争体験をお話しされた方は3人でしたが、、広島の原爆を爆心地から2.3キロの自宅で、14歳の時に被爆されたという方、そして小田原市城内国民学校の生徒さんだったという方、さらに戦争を学徒出陣で体験された方ということで、どのお話も非常にリアルでした。

学徒出陣された方のお話は、なんと国際政治学者の畑田重雄さんでした。10代の終わり、20代に政治、経済に関する畑田さんのお話しを何度かお聞きしたことがありましたので、お久しぶりにお顔を拝見することになり、そのことにまず感激しました。

現在93歳とのことでしたが、髪の毛がすっかり白くなられたこと意外、あの頃とかわらないくらいの迫力のあるお話に、元気を頂くのでした。「戦争は絶対にしてはいけない」と、何度か強く言われましたが、学友の乗っていた船が撃沈され全員が死亡するという悲惨な体験などから、その思いの全てが伝わってくるようでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月のこれまで。

2016年08月15日 | なんでもかんでもコーナ~

8月の月初めは党内会議が多くありました。市民の方からの相談も毎日のようにありますが、要望が実現するとうれしくなります。

5日はツギセン♡@県西の女性のみなさんと交流会をしました。場所は国府津のチャルカフェ。ゲストに先の参院選神奈川選挙区の候補者だった、共産党の浅賀由香さんをお招きしました。当然参院選の話題になるのですが、市民といっしょにがんばったという実感があった参院選だった。というのが集まった方たちの感想に感じられました。

ただ選挙についてだけでなく、女性、ママとしての視点から、何か人生観に至ることまで、思い思いの感想や意見が述べられて、こういうトークはおもしろいと思いました。おいしい手作りのランチとスィーツにも感激!(ポークカレー&何種ものサラダが最高だったな)もちろん会費制で。

6日は酒匂川花火大会。いつもの仲間といつものところで観賞しました。今年の花火は2000発多いと聞いていましたが、ほんとに多くて豪華な花火大会でした。初めての方がすごく感激しているのが印象的でした。

7日は会議もありましたが、大井町に行ってきました。まもなく大井町町議選となりますが、現地の様子はどうなのか?ということで気になること多しです。

8日~10日は家族と夏休み。しんぶん赤旗に載っていたワンコと泊まれるペンションに行ってきました。行く先々緑に囲まれてとても良いところでした。

11日は深刻な相談だけに、午前中いっぱい市民の方からの相談を受けました。午後からは議会報告紙の準備とお盆の関係で親戚のところを訪問。

12日は議会報告紙の準備と受けている相談についての調査、共産党小田原市議団の会議がありました。

13日は南足柄市文化会館ホールで行われた、「今こそ考える合併・中核市・広域連携」ということで、首都大学東京 大学院 社会科学研究科 教授 大杉覚 博士の講演会に参加しました。質疑応答では市民の方からもっと手が上がると思っていましたが、そうでもありませんでした。

14日は呼びかけ人の一人でもある、「8月15日を考える会」2016年のつどいがありました。会場は市民会館小ホールです。冒頭の美しい歌声とピアノの音に感動したのと、加藤市長から今年もご挨拶をいただいて大変うれしく思いました。「戦後民主主義と1947年憲法」ということで、元国立市長の上原公子氏にご講演して頂きましたが、長時間の講演にも関わらず終始笑顔とバイタリティあふれるお話に、参加者の多くの方が充実した時間をお過ごしになられたに違いないと思いました。

講演に、個人的には、「やり過ごすこと」、「見過ごすこと」があってはならない、「なんか変だぁー」と思うことの大切さに、あらためて気づかされた思いがしました。

今年の集いのテーマは憲法です。講演テーマは当然ですが、会場の中の展示、歌声とピアノ演奏、来賓の方のご挨拶、集いの端々に憲法が語りかけてくる醍醐味を感じました。憲法改正が言われて久しい昨今、具体に進められている今、確か上原氏のお話にあった、憲法は「使うこと」というフレーズに、新鮮な感動を覚えるのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合併すると人口減少がストップとなるのか??

2016年07月19日 | なんたって住民福祉

 おとといは、寄せられていた市民要望について現地を見ながら要望されている方からお話しをお聞きして、きのうは別の市民の方からの相談をじっくりお聞きしました。周辺の道路や健康に関することまで、だいたいみなさん同じように気になっているのだなということが分かります。ぜひ要望が実現できるようにしたいものです。

 きのう午後は、市民会館小ホールで「中心市のあり方を考える講演会」があり参加しました。午後からの暑さは非常に厳しかったけど、それにもかかわらず大勢の参加者でホールがいっぱいになりました。小田原市と南足柄市の2市が合併をめざすと言うことで、市民の方もどうなっていくのか気がかりでしょうがないと思います。参加者が多かったのはその反映でしょう・・・。

 講師は中央大学院教授の佐々木信夫氏でした。お話しは静かな面持ちでとても聞きやすかったのと、合併、中核市、広域連携ということで、政府が何をどのように考えているのかが、また1つ見えてきたように思います。ただ見えてこないのは、合併などで問題の人口減少をストップさせることができるのかということです。

 今年10月に「(仮称)県西地域の中心市のあり方に関する2市協議会」の設置をすることになっています。これは任意合併協議会となりますが、10月から開始されることになります。期間は約1年間と言うことですが、その間市民には協議会の中間報告をし、市民との議論も深めていく。1年たったら合併するのかしないのか市民の意向を聞くことになる。このような運びになっていると思います。

 わが市、まちがどうなるのか。いずれにしても真剣にとり組んで行きたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参院選を振り返ってみました

2016年07月17日 | 戦争をする国にさせない

 参院選の結果は、日本共産党は改選3議席~6議席と倍増できたことはよかった。そして、沖縄など全国32ある1人区で野党統一候補が11議席も獲得することが出来、何よりもこのことがうれしい。今度の選挙戦ほど全国は1つ、この思いが大きく膨らんだことはなかった。なので、これからもこのパワーで頑張っていきたいと思います。

 日本共産党は、比例(全国)は601万6247票、得票率10.74%で5議席獲得。神奈川では50万8913票、得票率12.46%だった。これは2013年の参院選比例と2014年の総選挙時比からも上回っている。その結果、今回、比例票は自民、民進に次いで、共産が三番目に多くの支持を獲得することができました。

 ただ、ただ、それなのに、浅賀由香氏をあと少しで当選させることが出来ず、このことは非常に残念だった。あと3万ちょっとの票差で勝てたと思うと悔しい限りです。

 各方面から「残念だったね」の声と、「次こそ浅賀さんの当選を」の声が寄せられている。おととい駅頭で議会報告していた時は、「8時間働けば普通に暮らせるようにと訴えていた浅賀さんを応援していました」という、30代くらいの男性に声をかけられました。きのうはやはり30代くらいの女性から、「浅賀さんの演説がすとんと胸におちた」と声をかけられました。同じだね・・・

 浅香由香さんの演説が心に染みて今もしっかりと残っています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

芸術文化創造センターをつくろう!

2016年04月21日 | *市*議*会*

 熊本地震は大きな被害をもたらしてしまいました。お亡くなりになられた方、多くのけが人、家の倒壊等被害は拡大しているように思います。心からの哀悼の意を表しますとともに、お見舞いを申し上げたいと思います。駅頭で募金活動を行いました。引き続き行っていきたいと思います。

 さて、4月15日に厚生文教常任委員会があり傍聴しました。芸術文化創造センター整備については、この間民間事業者に行った意見聴取について、その結果の報告がありました。早く言えば、市は事業提案でしかもデザインビルドでホールをつくるとしていますが、それでできるのかどうか、どこまでどういう風にできるのか、打診していたということになります。そう思っています。

 1社が途中辞退で、2社からの意見聴取となったとのことですが、A社B社とも建設業。いずれも整備は可能との表明をしています。ただ、規模を小さくするダウンサイジングやグレードに差をつけるなどの意見提案が示されているので、これまで積み上げてきた「市民ホール基本計画」に対してどうなってしまうのか、疑問や懸念があります。本当に事業提案で基本計画に沿ったものができるのかさらにチェックが必要です。

 吉田福治議員は、A社について①ダウンサイジングの程度②小ホールの客席をロールバック(移動式)にし、大スタジオと兼用するというが、それでよいのか③小ホールの機能・スペックをどの程度絞るのか④インフレスライドについて、利益幅をどのくらいと考えているのかなどと質問。ダウンサイジングは公表以上のものは言えない。床揺れる等あるのは分かるが一般論でいえば・・・??。書面以上のもの言えない。インフレスライド条項制度にのっとりやっていくことになるなどと答弁がありました。

 堺市は、堺市民芸術文化ホール建設にあたり、過去入札不調となっていましたが、この4月に再入札となった。他の議員がそのことに触れ本市も早急な意思決定を希望すると要望がありました。吉田議員からは入札方式で行うよう意見が示されました。ホールをつくると決めたらつくる。芸術文化創造センターの拠点にするならする。何かそういう強いメッセージが感じられないのはなぜ?

 先の予算特別員会で、実施設計を生かすべきと質疑したところ、生かしてまいりたいとの答弁があった。生かしていくべきでしょう。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満開の桜がまぶしかった

2016年04月07日 | ザ・フラワー

 きのうは市民の方からの相談で、二か所の現場に行って来ました。その際小田原城址公園を横断しましたが、気温も高く桜が満開で大勢の方で賑わっていました。きょうは介護のことで相談がありました。電話の向こうで切羽詰まった様子がうかがわれ、老老介護でとっても大変そうです。何か役に立つことができるのか、あれこれ考え中です。

 平成28年度施政方針に、第6期おだわら高齢者福祉介護計画に基づき、認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けることができるよう認知症高齢者等支援策の強化を図る・・・。とあるが、きょうの相談はまさにこの部分に該当する。相談者等の実態をよく把握して行きたいと思っています。
















 

 

 

 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小田原城天守閣が5月1日にリニューアルオープンする

2016年04月05日 | *市*議*会*

 2016年度予算に天守閣耐震改修事業費(352,560千円)が計上された。これは今年度までの継続事業となっている。天守閣の入場者数が伸びてきているだけに今後も多くの方が訪れることを期待する。予算書には、天守閣の入場者数は年間で427,000人と見込まれています。

 予算特別委員会では現地視察を行ったが、天守閣の中は全体にセンスのよい落ち着いた雰囲気が漂ってきていると思った。それと最上階はちょっと変わった趣があると思いました。





 


 天守閣最上階は摩利支天像が安置され、摩利支天を中心とした空間の復元がされることになっている。摩利支天は武家の守護神として信仰されてきたもので、元禄地震でも焼失をまぬがれたという。守護神が安置されるところに、市内辻村山林・天守の森の杉(1尺5寸の八角形の柱)が堂々そびえ立っていました。ちょっとミステリアスでおもしろい空間だと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小田原城でお花見

2016年04月04日 | なんでもかんでもコーナ~

4月2日の土曜日は後援会、年金者組合が主催のお花見に行ってきました。ちょっと寒かったけど、小田原城の天守閣を見ながらのお花見は最高でした!昨日、今日とかはもう満開でしょう。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市民生活にあたたかい2016年度予算と言えるのか

2016年04月02日 | *市*議*会*

3月定例会は先月25日が最終日でした。
2016年度予算が可決成立、予算特別委員会の委員として私も審査に加わってきました。

そして会派を代表し、決算特別員会総括質疑、本会議での討論を行ってきました。

ですからそれらを通して思ったことはいろいろあります。

 さて、人口減少がしきりといわれ、中核市とか、合併も再燃する気配を感じますが、これらはセットなのか?と思うほどです。中核市になったとしても、たとえ合併しても・・・、形でなく質だと考えるので、いかに市民が安心して住んでいることができるのか、肝心なことはここにあると思っています。正直希望する保育園に入れないのでは、0歳から年長までの長期間、共働きで頑張るにはきつく。

 国民健康保険料や介護保険料が高いと、払っていくのが大変なのです。早く言えばもっと楽にならないとやっていかれないと思うし、閉塞感ありで、これでは安心して住んでいることが出来ないと思うのです。勿論これらは1地方自治体だけでは解決できるはずがなく、公立保育所の施設整備・運営費の復活、国民健康保険の国庫負担を国に求めるのは必須。でも同時に、待ったなしの市民の暮らしだけに市が出来る限りやるしかないと考えるのです。

 小田原駅東口駅前にある市有地に0歳から年長まで保育する保育園をつくるように求め、高すぎるので、国保料は一般会計から繰り入れを増やすように求めていますが、予算は増額となったのでそれは評価しつつも、今後も引き下げを求めました。介護保険料も同じで努力は評価しても引き下げるよう求めました。不登校児童・生徒の対策、芸術文化創造センターは実施設計を生かすこと、斎場整備はPFIでなく直営で。等々求めました。

 

諏訪の原公園のチューリップ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加