たなか耳鼻科・眼科クリニック 「耳鼻咽喉科」の情報ページです

クリニックの診療情報やニュースは「ホームページ」や「TOPIX」のページをご覧ください

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水俣スギ花粉情報

2015年01月30日 | アレルギー
水俣ではインフルエンザがまだまだ続いてますが、そろそろスギ飛散開始の日も近づいてまいりました。
水俣周辺は2月5日から10日ぐらいから始まるとの予想です。局地的にはもう花粉を飛ばしている木もあるようです。
早めにお薬を始めましょう。

日本気象協会HPから

この記事をはてなブックマークに追加

漢方でうがい?!

2014年11月21日 | 喉の病気

この記事をはてなブックマークに追加

鼻うがいに 挑戦しましょう

2014年11月04日 | 喉の病気

この記事をはてなブックマークに追加

減感作:舌下法と注射法の違い

2014年10月04日 | インポート
Image_2





この記事をはてなブックマークに追加

スギ花粉症に対する経口減感作治療

2014年10月04日 | インポート
Image





この記事をはてなブックマークに追加

飛行機乗ると耳が痛くて…

2013年11月09日 | ニュース
Image_7





この記事をはてなブックマークに追加

耳がつまるー

2013年11月09日 | ニュース
Image_6





この記事をはてなブックマークに追加

長引く咳

2013年11月09日 | ニュース
Image_4





この記事をはてなブックマークに追加

はしか、麻疹

2007年06月12日 | 健康・病気

<shapetype id="_x0000_t75" stroked="f" filled="f" path="m@4@5l@4@11@9@11@9@5xe" o:preferrelative="t" o:spt="75" coordsize="21600,21600"><stroke joinstyle="miter"></stroke><formulas><f eqn="if lineDrawn pixelLineWidth 0"></f><f eqn="sum @0 1 0"></f><f eqn="sum 0 0 @1"></f><f eqn="prod @2 1 2"></f><f eqn="prod @3 21600 pixelWidth"></f><f eqn="prod @3 21600 pixelHeight"></f><f eqn="sum @0 0 1"></f><f eqn="prod @6 1 2"></f><f eqn="prod @7 21600 pixelWidth"></f><f eqn="sum @8 21600 0"></f><f eqn="prod @7 21600 pixelHeight"></f><f eqn="sum @10 21600 0"></f></formulas><path o:connecttype="rect" gradientshapeok="t" o:extrusionok="f"></path><lock aspectratio="t" v:ext="edit"></lock></shapetype><shape id="_x0000_s1026" wrapcoords="-58 0 -58 21518 21600 21518 21600 0 -58 0" type="#_x0000_t75" style="MARGIN-TOP: 19.6pt; Z-INDEX: -2; LEFT: 0px; MARGIN-LEFT: 255.6pt; WIDTH: 279.75pt; POSITION: absolute; HEIGHT: 196.5pt; TEXT-ALIGN: left; mso-position-horizontal: absolute; mso-position-horizontal-relative: text; mso-position-vertical: absolute; mso-position-vertical-relative: text"><imagedata o:title="麻疹1" src="file:///C:DOCUME~1院長LOCALS~1Tempmsohtml11clip_image001.jpg"></imagedata><wrap type="tight"></wrap></shape>

麻疹とはウイルスによって引き起こされ空気や飛沫でうつる小児に多い感染症です。しかし一度感染して発症すると一生免疫が持続します。

症状は感染してから約10日後に熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れ23日後、39℃以上の高熱と口腔、全身の発疹が出現します。肺炎、中耳炎や脳炎が起こる場合もあります。

一般的な血液検査では麻疹に対する免疫があるかを調べます。

根本的な治療法はありませんが予防接種が効果的で90%以上の方に免疫ができます。これは患者さんと接触してからでも72時間以内なら有効です。定期接種は1歳と5歳頃の2回接種となります。予防接種の主な副反応は10%に発熱、3%に蕁麻疹と報告されています

今年は学生を中心にはしかが流行していて15歳以上の患者数は過去最高です。1994年から予防接種が希望者だけとなり免疫を持たない若者が増えてきたため同年代が集う首都圏の学校で一気に広がっているようです。まだ水俣では流行はありませんが希望者も増え検査キットやワクチンなどが手に入りにくくなってきました。

<shape id="_x0000_s1027" wrapcoords="-33 0 -33 21545 21600 21545 21600 0 -33 0" type="#_x0000_t75" style="MARGIN-TOP: 7.6pt; Z-INDEX: -1; LEFT: 0px; MARGIN-LEFT: 246.6pt; WIDTH: 4in; POSITION: absolute; HEIGHT: 193.3pt; TEXT-ALIGN: left; mso-position-horizontal: absolute; mso-position-horizontal-relative: text; mso-position-vertical: absolute; mso-position-vertical-relative: text"><imagedata o:title="麻疹世界" src="file:///C:DOCUME~1院長LOCALS~1Tempmsohtml11clip_image002.gif"></imagedata><wrap type="tight"></wrap></shape>

世界的には先進国でのはしかは予防接種によりほとんどなくなりました。しかし残念ながら日本は中国、インドなどと並び最も遅れをとっている国です。ワクチン接種を再開し2012年の撲滅を目指しています。

         


この記事をはてなブックマークに追加

☆学校検診☆

2007年04月24日 | ニュース

学校検診(耳鼻科の巻)

5・6月は学校検診の季節です。

毎週水曜日の午後から芦北・水俣の小中学校を回ります。

○聴力検査

耳の聞こえの検査です。耳にヘッドホンをつけて小さな音を聞きます。聞こえたらボタンを押すか、手を挙げて下さい。

※皆が静かにしてないと検査ができません。

○耳・鼻・喉の検査

先生が「耳」と「鼻」と「喉」を見ます。じっとしていたら10秒位で終わります。全然痛くありません。先生が口を見るときは「アー」と声を出して下さい。

こんな病名がつきます

1.     耳垢栓塞:じこうせんそく

耳垢が詰まっていて中が見えない状態です。自宅で無理に取ろうとせず耳鼻咽喉科を受診しましょう。

2.    

中耳炎

痛くない中耳炎もあります。聞き返しはありませんか? 中耳炎は症状がないからといってほっておくと徐々に進行し難聴の原因になります。耳の症状がなくてもぜひ耳鼻咽喉科を受診しましょう。

3.    

アレルギー性鼻炎

「鼻かぜかなー」と思っていたらこの病気だったという場合が多いです。今の季節はカモガヤアレルギーやホコリのアレルギーまた温度差によるアレルギーなどがはやってます。初めて診断された場合やよく鼻をグスグスしている場合は一度耳鼻科でアレルギーの原因を調べましょう。

4.    

急性鼻炎

鼻かぜです。症状が2週間以上続いたり何度も繰り返すようなら耳鼻咽喉科を受診しましょう。

5.    

慢性副鼻腔炎

蓄膿症ともいいます。ほって置くと進行する場合があります。風邪の時に「あおばな」が出てませんか?朝から痰がからんでませんか?。鼻症状がなくても一度耳鼻咽喉科を受診しましょう。

6.    

扁桃肥大、アデノイド

扁桃腺などが大きい場合に診断されます。次の場合には耳鼻科受診が必要です。

    年に3回以上熱が出る。②寝ているときいびきで苦しそう、時々息が止まる。③よく中耳炎になる。

7.    

難聴の疑い

聴力検査で異常が認められました。症状がなくても耳鼻科で精密検査を受けてください。

check耳や鼻の病気で耳鼻科医の診断や治療を受けている場合は学校の問診表に記入して下さい。


この記事をはてなブックマークに追加

水俣スギ花粉情報2007最終

2007年04月01日 | インポート

今シーズンの水俣スギ花粉情報のまとめのグラフです。

これを開いてください→「2007.bmp」をダウンロード 


この記事をはてなブックマークに追加

水俣スギ花粉飛散状況2007年2月分です

2007年02月28日 | アレルギー

ここ数日暖かい日が続いてますのでスギ花粉飛散が活発化してます2月27日は600個/cm2/dayを超えました。2月の飛散状況のグラフを貼りましたのでご参照ください。(気象庁発表の最高気温もくっつけました)「2.doc」をダウンロード


この記事をはてなブックマークに追加

スギ花粉症

2007年02月04日 | アレルギー

花粉症はくしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみなどを主症状とするアレルギー疾患で季節の花粉が原因である場合を言います。23月のスギ花粉症が代表的ですが水俣周辺では他にも春のスギ花粉が終わるころに出てくるヒノキ、夏のカモガヤ、秋のブタクサなど年間を通じていろいろな花粉が飛んでいます。

たなかクリニックでは毎年スギ花粉の飛散が始まる2月より毎朝花粉数を測定しタイムリーな「水俣スギ花粉情報」をお届けしてきました。水俣は北東の風に乗って隣の人吉球磨地方から花粉が飛んできますが、暖かくなると海風(西風)の日が多くなるため関東などと比較すると地域的に花粉の飛散は少ないようです。

今後も花粉飛散とお天気や気温、風向きなどのデータとの関係を調べ水俣オリジナルの花粉情報を提供します。

花粉症の治療法はアレルギーのお薬が手軽で中心となりますが最近ではまた体質改善(減感作治療)が見直されてきました。花粉症は発症してから年々症状がひどくなります。自分の子供さんが自分と同じ花粉症で悩まれているのを見て減感作治療を受けさせる親御さんが多くなっています。この治療法は長期にわたり定期的な通院が必要で効果が出るまで時間がかかりますが現在唯一のアレルギー根治治療になります。

他にはレーザーを使った手術治療があります。手術といっても日帰りで痛みはほとんどなく時間も10分前後で終わります。鼻づまりに対しては大変有効です。症状がひどい方だけではなくお薬を飲みたくない方や妊娠希望の方にお勧めします。

花粉症はその原因抗原(花粉)が少しずつ体にたまっていってコップの水が溢れ出すようにある年突然発症します。幼稚園児からお年寄りまでタイミングはさまざまです。さらに地球温暖化、高たんぱく食、環境汚染などの影響で患者数は増加しています。将来的には飲み薬による体質改善や花粉が出ない杉の植樹などが計画されていますが安全で有効な治療法として確立するまでにはまだまだ時間がかかると思われます。

たなかクリニックでは「とりあえず何か薬をちょうだい」から「根治治療、内視鏡外科手術」まで皆様のご希望を細かくお聞きしオーダーメードの花粉症治療を行います。

Check!花粉症と風邪は症状が似ているためなかなかわかりづらいと思います。一般的には花粉症では発熱や咳はないのですが重症化したり他の鼻炎や感染症などと合併したりするとさまざまな症状が出てきます。たなかクリニックでは鼻粘膜をみて鼻水を採取しアレルギーの細胞(好酸球)や他の鼻炎の細胞を探し診断を行っています。


この記事をはてなブックマークに追加

咳がとまりません

2007年02月01日 | 喉の病気

咳はつらいですよね。周りにも嫌がられるし、夜寝れないし胸まで痛いんで怖くなりますよね。最近下記のような患者様が目に付きます。

「先月風邪を引いたんですが、咳だけがよくなりません。夜中は出なくなったんですが仕事中に喉がムズムズして一旦咳き込み始めるとつらいです。咳止めはあんまり効いてる感じがしません。」

  3週間以上続く咳の代表的な病気は3つです。

①咳喘息(せきぜんそく):喘息の子供みたいな病気です。気管の過敏性が亢進しておこります。夜寝てるときに出るため眠れないときもあります。喘息の薬が効きます。

②アトピー咳:喉のセキ反射の亢進が原因で起こる喉のアレルギーみたいな病気です。上記の症状はこれみたいです。アレルギーのお薬やステロイド吸入が効きます。

③副鼻くう気管支症候群:鼻水が喉に流れておこるセキです。朝起きてからがひどく痰が絡んだようなセキが出ます。セキだけではなく鼻炎の治療も必要です。

  この他には

④薬の副作用:血圧の薬などが原因の場合もあります。薬の種類を変えてもらうと落ち着きます。

⑤逆流性食道炎:胃液の逆流(ゲップ)などが原因です。PPIという薬が効きます。

⑥心因性:咳払いが続きます。寝てるときや食事中、何かに集中してるときは出ません。小児に多く軽い安定剤などを使います。

@高齢者になると他の肺疾患の可能性も高くなりますのでご注意下さい。

CHECK 空気が乾燥すると咳き込みやすくなります。部屋の湿度に気をつけ、こまめに喉を潤したり、トローチをなめたりしましょう。

                                 文責:田中文


この記事をはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは

2007年01月31日 | インポート

このページでは耳鼻咽喉科に関する話題を皆さんにご紹介します。

なお、診療変更や最新の花粉情報、感染情報についてはTOPIXのページをご覧ください。


この記事をはてなブックマークに追加