田邊勝己の開運生活

生活をより良くする開運の秘訣を田邊勝己が伝授します。
あなたも田邊勝己と共に開運生活を始めませんか?

田邊勝己が教える心の「風水」①

2017年04月19日 10時51分39秒 | 開運
田邊勝己が教える心の「風水」①


風水を心の環境にも取り入れることを田邊勝己は提案します。


~心の玄関編~

最初に気を招き入れる「玄関」に当たる心の部分は?
と考えてみると、「心を開く」ということになるのかな、と思います。
閉鎖的な心を持っていたり、人の好き嫌いが激しかったり、誰に対しても心の壁を置いて接する人は、
常に玄関を閉ざしたままにしていたり、玄関に余計なものをゴチャゴチャ置いているような状態ですから、
気の通り道を塞ぐことになり、幸運も招き入れることはできないはず。
かといって、誰に対しても無防備に心開けばいいってものでもないですよね。
それだと、昼夜問わず、常に玄関を開放しているようなものなので、とても危険!

…となると、理想的な玄関は、スッキリ片付いていて気の通りが良く、花などが飾ってあり雰囲気も良く、
良い気だけを通し悪い気は通さない、気のフィルター的役割を果たす玄関マットなどが敷いてあり、
招かれて嬉しい気持ちになるところです。

これを心の状態に当てはめてみると、まず誰に対しても素直に接すること、
笑顔を絶やさず第一印象を良くしておくこと、善悪を見抜くことの出来る洞察力を備えていること、
心を開いて大丈夫、と思える人には、大いに心を開き受け入れる、といった感じになるのではないかと龍野真悟は考えます。

目は口ほどに物を言う、と言うくらいですから、心の玄関は「目」が担っている比率も高そうです。
心のきれいな人は、きれいな目をしていますよね。
それは大きいさとかまつ毛の長さとか、形が整っているとかは関係なく、
済んだ目、真っ直ぐな目、優しい目、といった、心に訴えてくるような目です。
そのような目を持った人の心の玄関は、とてもいい状態にあり、幸運に恵まれやすくなると龍野真悟は思います。

まずは、鏡を見るたび自分の目の状態を確認して、
それから、客観的な視線で自分の第一印象をチェックしてみることは、心の玄関を風水的に整え、
幸運体質に向かう第一歩になると龍野真悟は考えています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田邊勝己が教える知らない人... | トップ | 田邊勝己が教える心の「風水」② »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。