田舎暮らし

仙人のように暮らしたいと山手に引っ越し。
新しい経験と挑戦が楽しめている。
間もなく5年を経過する。

雪の朝

2017年02月12日 | 景色

大雪(?)である。今冬2度目の積雪だ、20cmぐらいだろうか。昨日の日中は大きなボタン雪が降り続き、夜も降ったり止んだりを繰り返したようだ。一転し今朝は積雪で眩しさを増した太陽が降り注ぐ。写真1は今にも太陽が顔を出そうかと言う7時前の景色である。木々は大きな雪の玉が付ける。そして写真2は火が降り注ぐ池田山に続く山々である。青空の美しさに息をのむ。

写真3は門のそばにある欅の木である。写真右に北側になるが雪が吹き付けられ、青空に美しい雪の枝を広げる。最後はその雪の中、咲き始めた紅梅である。我が池田町は梅の里でもある。昨年ほどではないが、今年も開花が少し早いように思う。これから散歩が益々、楽しみになる。

冒頭に大雪(?)としたが、果たして20cmは大雪かと考えた。1m、2mと積もる地域の人々にとっては何ともない積雪量なのだろう。何をもって多いか少ないか、高いか低いかなど”何となく”のことはよくある。”大雨、良い天気”そして”あの人は背が高い”、何CMから?と思わぬでもない。つまらぬことを”面倒くさく”考える。年寄りなのでしょうね。

昨日、雪の降り続くのを見ながら心配したことがある。明日、競馬はあるのだろうか?それよりも競馬新聞を買いに行けるのだろうか?これぐらいの心配、ちょうど良いか。

   

          

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬景色 ネコヤナギ 梅の開... | トップ | 我が家の春告げ草 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

景色」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。