欅の床の間

2017年03月22日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手カンナ仕上げの田村建設の直也です。


総ケヤキの床の間の材料です。オール無垢の床の間。
今回の現場は通称、二段床という床の間です。



左から、40センチの地板。 12センチ角の床框。角。畳寄。雑巾づり。蹴込み。

ご覧のように総ケヤキです。
んんん・・・素晴らしい。自分で材料を出しましたがワクワク感がこみ上げてきました。

ケヤキという材料は、力が強い為、狂いや暴れがスゴイです。そのため、
年数をかけ充分の乾燥させ落ちつかせつ必要があります。
弊社倉庫でじっくり乾燥させた材料です。

このあと、くるい止めの細工をして取付ます。ここがポイントです。
木を知り尽くしてるからできる事・・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年03月13日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手ガンナ仕上げの田村建設の直也です。


米松の桁です。



普通の米松の桁ですが・・・
よく見ると少しカーブがかかっているのがお分かり頂けると思います。





木自体が曲がっているのではなく、必然的に曲げた木です。
もちろん自分で加工してカーブをとりました。

それにはふか-----い理由があります。

が、話すと長くなるので、簡潔に言います。

理由は木のチカラを最大限の力を発揮させるためです。

こういう、技術のこだわりは目ふれる事があまりないですが、目に見えなくてもこだわる・・・
弊社のこだわりの一つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンハウス・完成見学会

2017年02月04日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手ガンナ仕上げの田村建設の直也です。

オープンハウス・完成見学会を開催いたします。
7寸角の桧の桁を3本リビングに使用した総ヒノキの天井や、
5寸柱の和室等見応えたっぷりです。
  
 「下武士の和風平屋住宅」
日時:平成29年2月11日(土)・12日(日) 午前10時から午後4時
場所:伊勢崎市境(詳細後日、田村建設ホームページをご覧ください。)
※ご予約制でのご案内となっております、事前にご連絡をお願い申し上げます。
ご来場お待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

框と式台

2017年01月30日 | 木造平屋住宅の建築現場から
田村建設の直也です。


玄関の框と式台です。
框は東濃桧の柾目。4寸角

式台は吉野杉です。4メートルの一枚板を2枚使用しました。
これぞ無垢材の醍醐味。ご覧ください。








式台と框は家の顔・・・自分が勝手に言ってるだけですが・・・
ここぞとばらりに、一枚板の吉野杉。柾目の框を抜粋しました。
田村建設では良材を仕入れてから、すぐに使用せず、倉庫で最低3年寝かせてから使用します。
ここが、弊社の特徴です。



なんとも言えないGOODな仕上がり。
田村建設ならではの味が出せたかな・・・と思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

化粧垂木

2017年01月20日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手ガンナ仕上げの田村建設の直也です

ピーラの化粧垂木です。





ご覧のようにかなりの上物です。

寸法は2寸×2.5寸 この寸法 寄棟や入母屋の垂木の使用する場合の黄金比のような寸法です。
もちろん切妻の垂木に使用する場合もあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長押

2016年12月12日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手カンナ仕上げの田村建設の直也です。

長押


こちらの長押は秋田杉です。
もしろん天然物。官木って言うやつです。 ※官木は天然木で、民木は植林木です。秋田杉のみこの言い方をします。

木の年輪がつんでいて最高です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンハウス・完成見学会

2016年11月03日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手鉋仕上げの田村建設の直也です。






・・・完成見学会・オープンハウス・・・
上記写真の現場でオープンハウス完成見学会を開催いたします。
ぜひ、ご来場下さい。お待ちしております。
「ポーチ柱に囲まれた和風モダン住宅」
桧5寸のポーチ柱、リビングの吹抜け、欅の梁など見応えたっぷりです。


日時・・・11月5日(土)6日(日)
場所・・・群馬県伊勢崎市小泉町(弊社近く)

時間と場所の詳細は田村建設のホームページhttp://www.tamura-kensetsu.com/に記載してあります。
宜しくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

材料搬入

2016年10月31日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手鉋仕上げの田村建設の直也です。

材料が搬入されました。

杉の赤味の材料です。なんといってもの杉は赤味は最高です。




こちらは楠の木


こから弊社倉庫にて自然乾燥させます。すぐ使用ぜずじっくり寝かせて、材料のくるいや、くせを完全に出させて使用するのが
田村建設の特徴です。




・・・完成見学会・オープンハウス・・・

ぜひ、ご来場下さい。お待ちしております。
「ポーチ柱に囲まれた和風モダン住宅」
桧5寸のポーチ柱、リビングの吹抜け、欅の梁など見応えたっぷりです。


日時・・・11月5日(土)6日(日)
場所・・・群馬県伊勢崎市小泉町(弊社近く)

時間と場所の詳細は後日掲載いたしす。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

図板

2016年10月21日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手カンナ仕上げの田村建設の直也です。

家を造るとき一番初めにとりかかつ図板です。手刻みの田村建設にとっては重要な図板です。



田村建設では、梁丸太や化粧梁を多く使用するので、プレカットは基本的にはしていません。
梁丸太はプレカットではできなかったり、化粧梁はプレカットではペーパー仕上げになってしまいます。
材料本来の表現を100パーセント発揮するのには、手刻みが絶対です。




・・・完成見学会を開催致します・・・
ぜひ、ご来場下さい。お待ちしております。
「ポーチ柱に囲まれた和風モダン住宅」
桧5寸のポーチ柱、リビングの吹抜け、欅の梁など見応えたっぷりです。


日時・・・11月5日(土)6日(日)
場所・・・伊勢崎市小泉町

時間と場所の詳細は後日掲載いたしす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梁丸太

2016年10月03日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手カンナ仕上げの田村建設の直也です。

梁丸太の骨組みです。




梁と梁が重なりあっています。四本の丸太が重なるのでかなり迫力があります。(写真の奥の方にもう一本あるんです。見ずらいですが・・・)


もちろん化粧で見える梁丸太です。

仕上がりが楽しみです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幕板

2016年07月16日 | 木造平屋住宅の建築現場から

桧の化粧柱は手カンナ仕上げの田村建設の直也です。


春日杉の幕板です。
春日杉・・・奈良県の春日という地域に生息している天然木です。

初めて拝見した代物です。正直春日杉と言う杉の存在を知りませんでした。
まだまだ勉強不足です。





木目がなんともいえない素晴らしさがあります。

ポイントとして、価値のある銘木や天然木をしようするのが田村建設です。

材木ならなんでもOKという事は決してしません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米松の構造材

2016年07月11日 | 木造平屋住宅の建築現場から
 化粧柱は手カンナ仕上げの田村建設の直也です。


米松の構造材です。この材料を求めに高速でひとっとび・・・

自分の目で確認しなけなければ納得しませんし、購入も当然しません・・・




ご覧のような代物です。

って言っても、お客様にはわかりませんが、
田村建設としては譲れないこだわりです。



使用するのは、まだまだ先、とりあえず
自然乾燥の段取りをしていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桧丸太製材

2016年07月05日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手カンナ仕上げの田村建設の直也です。



桧の丸太製材に行ってきました。





赤味部分なんとも言えません。正直ここまでの赤味がの材料だとは想像できませんでした・・


ご覧のように製材完了。



桟をいれて乾燥させます。 



この材料が乾燥して使用できるにはしばらく時間がかかります。
本物の材料だからこそ、手間と時間をあえてかけます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桧の8寸角

2016年06月17日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は手カンナ仕上げの田村建設の直也です。

桧の7寸角です。




確か・・・13本だったかな・・・
この中から3本抜粋。使用用途を考えて選びます。

一軒の家に贅沢にも3本使用します。


大黒柱に使用するのが、ベターですが・・・・
今回は違います。


現場で取りついたから、報告したいと思いまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピーラの隅木

2016年06月10日 | 木造平屋住宅の建築現場から
化粧柱は全て手鉋仕上げの田村建設の直也です。


ピーラの隅木です。
隅木とは、寄棟や入母屋に使用される特有の部材です。








もちろん化粧の隅木です、木目の感じも最高です。

この材料は、田村建設で自然乾燥させておいたものです。
人工乾燥材と違って仕上がりの光沢がちがいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加