タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



血の池地獄の次は、お隣の龍巻地獄。しかし、間欠泉の噴出まで約30分かかるということで、次の地獄へ移動することにしました。訪れたのは海地獄です。私の中では、地獄めぐりを代表する地獄です。エメラルドグリーンの温泉水はまさに珊瑚礁のある海のようで、地獄という名がふさわしくないほど美しいです。しかし、水温はなんと98℃だそうです。だから、卵を沈めるとゆで卵ができるのですね。



温泉の熱を利用して、庭園の池では熱帯性睡蓮やオオオニバスが栽培されています。



海地獄は約1200年前の鶴見岳の噴火によりできたといわれています。



海地獄といえば、ゆで卵。ほかほかのゆで卵をいただきました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 別府地獄めぐ... 地獄めぐり(... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。