タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



青山剛昌ふるさと館の次は、倉吉の白壁土蔵群・赤瓦。
この日の宿泊地は湯原温泉だったので、
向かう途中に少しだけ寄ってみようということになりました。
市内を流れる玉川沿いに、江戸・明治期の古い商家の町並みが続きます。
白漆喰の壁、焼き杉の黒い腰板、そして赤い石州瓦。


赤瓦一号館


ここは、醤油の仕込み蔵だったそうです。
中には、お土産屋や手作り工房、喫茶店などがあります。


一号館のコミュニティスペース


飲食コーナーやギャラリーが併設されており、
ゆっくりとした時間を過ごすことができます。


赤瓦二号館


一号館~十三号館(四と九は欠番)までありますが、
時間の関係で一号館のみの見学です。


白壁・赤瓦の町並み


以前住んでいた柳井市の白壁を思い出しました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 青山剛昌ふる... 湯原温泉・塩... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。