タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



コスミレ


スミレの花は種類が多いので、何スミレかを確定するのに時間がかかります。たくさんの種類のスミレが咲く時期が春に集中しているので、スミレの勉強はこの時期だけです。だから、分類する決め手となる特徴をすっかり忘れてしまうのです。毎年すみれの勉強のやり直しとなります。さて、コスミレですが、花が小さいのでコスミレとついたのではありません。花や葉の大きさは結構大きいです。花つきもとてもいいです。草丈が他のスミレより少し低いのでこの名がついたみたいです。花の色は薄紫色が普通で、則弁は基部からしっかり開き、花柱の先がよく見えます。西日本では、則弁に毛が生えているものが多いそうです。






葉は丸みのある長三角形~長卵形。表面は粉を吹いたように白くにごった緑色。裏面は紫色を帯びるものが多い。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« センボンヤリ... 4月6日石割... »
 
コメント
 
 
 
すみれ (ジュメ)
2008-04-13 19:58:58
春がめぐってき
またスミレの季節がやってきました!

タムリンさんのすみれ解説大好きです
こんどからスミレ見るとき覗き込んで則弁みます
毛は生えてるのに出会いたいです~。
 
 
 
ジュメさん、おはようございます♪ (タムリン)
2008-04-16 06:35:55
ジュメさん、おはようございます♪
スミレの勉強をまた一から始めます。
1年たつとすべてを忘れてしまいます。
いがりまさしさんの本を手にしました。
則弁の毛や花茎の毛、葉の毛などが決め手になることも多いですね(^_^;)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。