タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



ヒヨドリジョウゴの実

山口大神宮の内宮の横の道から鴻ノ峰(こうのみね)に登り始めます。階段の多い登山道はハイキングコースとして整備されています。登り初めてしばらくすると、ヒヨドリジョウゴの赤い実に出会いました。ツル状の茎に赤い実がついているだけで、葉が確認できていませんが、この透き通るような赤いホウズキのような小さな実はヒヨドリジョウゴでしょう。
アオキの実

アオキの実も赤くなったものが多かったです。青木というだけあって冬でも青々とした葉を元気よく茂らせていました。
山口県庁

鴻ノ峰の登山道からはすぐ横の山口県庁がよく見えます。
山口の街

山口市は山口盆地に位置しており、周囲が山に囲まれています。冬は気温が低くよく雪が降ります。しかし、今年は暖冬のせいでほとんど積雪はありません。
稲荷神社の鳥居

登山道には稲荷神社の鳥居があります。鳥居の向こうには大明神が祀ってあります。
鴻ノ峰の丘

登山を始めて約40分で鴻ノ峰の頂上部の端にたどり着きます。そこには大内氏が建てた高嶺(こうのみね)城の説明が書かれた看板があります。横には休憩できる東屋や無線のアンテナ塔があります。ここまでは車道が通っているので車で来ることができます。
野鳥たち

鴻ノ峰にはたくさんの野鳥が住んでいます。この日は、シジュウカラがよく鳴いていたので写真に収めようとしたのですが、肉眼では捉えられるのにコンパクトカメラのディスプレイに捉えることができず結局写真は撮れませんでした。
高嶺城跡




アンテナ塔の横のコンクリートの車道を少し登ると丘の頂上部の広い場所にたどり着きます。そこには大内氏遺跡の石碑や鴻ノ峰の頂上を表示する看板があります。この少し奥にある石垣の上に高嶺城がありました。ヤブツバキの花はこれからといったところでした。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 山口大神宮(... 霧氷(雲仙普... »
 
コメント
 
 
 
鴻ノ峰 (アルママ)
2007-02-12 15:09:53
こんにちは。
腰や足は大丈夫でしたか?
打ち身はあとできいてきますのでお大事になさってください。

山口県庁や山口市内の写真は絵葉書になりますね。
とてもよい所だとわかります。

ヒヨドリジョウゴが鳥に見つからなくて良かったと思いました。多分、鳥はこの実を食べなくても他に餌が沢山あったのでしょうね。
山で赤い実を見つけると、採る気はないのですが、とくをした気分になります。目だって美しいからですね。
 
 
 
アルママさん、こんばんは♪ (タムリン)
2007-02-12 20:52:21
アルママさん、こんばんは♪
怪我の方は擦り傷と打ち身でたいしたことはありませんでした。でも、「大丈夫ですか?」とボランティアの方々に心配していただき、恥ずかしかったです。最近つまずいて、転ぶことがよくあるので気をつけないといけません。以前なら踏ん張ってこらえることができたのに・・・。ヒヨドリジョウゴの実には毒があるみたいなので鳥もあまり食べないのかも知れませんね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。