タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



ゴマノハグサ科シオガマギク属
紅紫色の花が段をなして咲き、花弁の先端は細長いくちばし状になります。葉は名の通り、4枚が輪生していますが、時に3~6枚が見られます。個体数は多く、ほぼ全域の草地や砂礫地で見られますが、8月下旬の木曽駒ヶ岳では、盛りのピークを過ぎ、少し元気がありませんでした。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« エゾシオガマ チシマギキョウ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。