タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



 ハクサンチドリは、ラン科、ハクサンチドリ属。
 北海道と本州中部地方以北の亜高山帯~高山帯の草地に生える多年草。
 葉は、3~6個つき、長さ4~15㎝、基部は茎を抱く。




 花は紅紫色で総状に数個~10数個つく。苞(ほう)は披針形(ひしんけい)で先が鋭くとがり、花序の下部では花より長くて目立つ。



萼片と花弁はともに鋭いが、側花弁は萼片より少し短い。
 距(きょ)は1~1.5㎝、太くて短い。名のチドリは、花の形を飛ぶ千鳥にたとえた。




※苞・・・・花の根もとにつく葉
※披針形・・平たくて細長く、先のほうがとがり、基部のほうがやや広い形
※距・・・・植物の花びらや萼(がく)の付け根にある突起部分

【改訂 立山の花(土肥行雄)、日本の高山植物(山と渓谷社) 参照】


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ゴゼンタチバ... コシオガマ(... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。