タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



 霜降山の湿地に行くのは今年になって初めてです。例年なら7月~9月にかけて何度か訪れるのですが・・。目的はサギソウなどの湿地性植物の写真を撮ること。10月になると花はあまり期待できませんが、男山に登ったついでに寄ってみました。

【霜降山の湿地】


予想通り花の時期は終わっていました。
しかし、よく見るといくつかの花が残っています。


【サギソウ】


枯れかけたサギソウの花が一輪だけ咲いていました。

サギソウは、ラン科ミズトンボ属、
湿地に生える高さ20~40㎝の多年草。
花は白色で約3㎝、唇弁は大きくて3深裂し、
両側の裂片は、白鷺が羽を広げたような形となる。
花期:7~8月 生育地:湿地 分布:本州、四国、九州


【サワシロギク】


サワシロギクは、キク科シオン属、
古くなると花は白からピンク色に変わる。
本州から九州に分布する多年草。
湿地に点々と生育する。

【山渓カラー名鑑 日本の野草】参照


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« コシオガマ(... 深耶馬溪の紅... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。