タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



ホソバワダンは、キク科アゼトウナ属。本州では山口県と島根県にしか自生していません。日当たりのよい岩場に咲く野生のキクです。角島牧崎風の公園には10月~12月にかけて見られます。岩場に草原、コバルトブルーの海を背景に、黄色い花をたくさんつけたホソバワダンはよく似合います。海岸植物にしては、それほど肉厚の葉ではありません。ぱっと見はヤクシソウに似ていますが、ヤクシソウ特有の弱々しさはありません。花も葉も茎もしっかりしています。潮風の強い岩場に咲く植物としては当然のつくりですね。葉は、長楕円形のものと羽状に深裂した2形があります。基部から多くの茎を出し、しだいに木化していきます。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ダルマギク(... 太郎丸嶽・次... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。