タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



木曽駒ヶ岳ではシナノキンバイを見ましたが、霧ヶ峰ではキンバイソウです。信州では、高山にシナノキンバイ、高原にキンバイソウといった感じでしょうか。不確かなので、区別する方法を調べてみました。確実そうなのが、おしべと花弁の長さを比べる方法。キンバイソウの仲間の花弁は、花の中心近くにあるオレンジ色をした細長いへら状のものです。その周りには天辺に長細い茶色の葯を持つおしべがあります。花弁よりもおしべの高さが高ければシナノキンバイ、低ければキンバイソウです。ちなみに、花びらのように見える部分は萼片です。従って、写真はキンバイソウです。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« クガイソウ(... シラカバ(白... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。