タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



深耶馬溪の次は九重です。長者原の食堂で昼食をとりました。
いつものように、私はとり天定食、両親と叔父はだんご汁。
昔からあるとても美味しいお店です。




目前に三俣山が見えます。



硫黄山の噴煙は相変わらず、絵に貼り付いたように見えます。



ガイド犬「平治」の像です。
昭和48年~63年まで、登山者とともに九重の山々を歩きました。
道に迷った登山客を長者原まで何度も連れもどりました。




ご馳走の満腹感に浸っている間もなく、九酔渓の大吊橋に向かいました。
私たちにとっては3度目の訪問になりますが、紅葉を見に来るのは初めてです。
さすがにこの時期、観光客がいっぱいで、
渋滞してから駐車場にたどり着くまで30分以上かかりました。




下の写真を見て頂ければ、橋上の混雑ぶりがよく分かりますよね。



振動の滝です。
人が多くて絶えず橋が揺れているので、
写真がぶれてしまいます。
紅葉は深耶馬溪に遠く及びません。




しかし、広大な駐車場と吊橋効果で集客数は抜群です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 深耶馬溪の紅... 道の駅「ゆふ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。