タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



大叫喚地獄



邪見地獄


雲仙を最初に開いたのは、おおよそ1300年前(701年)、奈良時代の僧「行基」だといわれています。当時「温泉」(ウンゼン)は女人禁制の霊山として、西の高野山と呼ばれるほど栄えていました。そのためか、地獄の噴気箇所に、当時の仏教説話にもとづいた地名が数多く付けられています。明治44年(1911年)には日本で初めての「県営温泉公園」となり、昭和9年(1934年)に瀬戸内海や霧島とともに日本最初の国立公園の指定を受けました。その後、昭和31年に天草が追加され「雲仙天草国立公園」となりました。雲仙の特徴ある自然は、四季折々、ちがった風景の表情を見せてくれます。【雲仙地獄にある説明文による】

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 雲仙地獄② ソシンロウバ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。