タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



キツネノカミソリ




キツネノカミソリはヒガンバナのなかまです。お盆頃に花を咲かせます。春先から葉を茂らせ、花が咲く頃には葉は枯れています。葉の形がカミソリに似ているのでこの名がつきました。しかし、ヒガンバナ(別名カミソリソウ)と区別を明確にするためにキツネをつけたみたいです。花の色がきつね色をしていることに由来しています。ヒガンバナは田んぼのあぜ道や道端に咲いていますが、キツネノカミソリは山に行かないと見ることができません。山口県にあるものはめしべやおしべの長いオオキツネノカミソリです。花弁から極端に飛び出したように見えるので区別ができます。今回の九重訪問では小田の池に降りる林の中で見つけることができたので、男池には足を運びませんでした。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« キュウシュウ... サギソウ(小... »
 
コメント
 
 
 
キツネノカミソリ (ジュメ)
2007-08-21 19:40:20
へえ~この花がキツネノカミソリですか?
名前は聞いたことあります。
群生してるのでしょうか?見てみたいです!
 
 
 
男池園地に (タムリン)
2007-08-22 06:53:54
ジュメさん、おはようございます♪
相変わらず猛暑が続いて大変ですね。
キツネノカミソリは男池園地にたくさん咲いているそうです(1週間くらい前の情報)。花の咲具合は1週間違えばずいぶん違うので、今の咲き具合は分かりませんが、機会があれば行ってみたいです。実は明日、帰省した妹親子を連れて大分に行くのですが、彼女らの希望の所を回るので男池には行けそうにありません。大吊り橋と湯布院とハーモニーランドに行く予定ですが、少し欲張りすぎですよね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。