タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



荒瀬橋


御沓橋


鳥居橋


日本一の石橋のまち・院内は大分県宇佐郡院内町にあります。まずは石橋の情報を集めるために道の駅「いんない」に行きました。物産売店石橋ステーションでマップと石橋の情報を得て、帰り道の途中にある3つの石橋を見に行きました。院内には75基の石橋があります。これらは江戸時代の終わりから昭和のはじめにわたって架けられました。最初に荒瀬橋(あらせばし)に行きました。町内の2連アーチの中で、最も美しいめがね橋です。高さも町内一を誇り、橋のたもとにある公園から石橋を見上げると、めがねの部分から緩やかな山並みが望めます。次に御沓橋(みくつばし)に行きました。橋の長さが59mと、町内最長を誇る3連アーチ橋。大正14年に架設されたこの橋は、当時のモダンなセンスが活かされています。川面に映し出された姿も幻想的です。最後に鳥居橋(とりいばし)に行きました。すらっと天に伸びた優美な橋脚、気品さえ感じる院内の代表的な石橋です。「石橋の貴婦人」とも呼ばれ、深い谷に点在する集落を5連のアーチがリズミカルに結んでいます。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



« 湯の花(明礬... 鶴見岳(大分... »
 
コメント
 
 
 
75基もの石橋が! (きなこ)
2007-08-13 11:43:53
タムリンさん こんにちは♪
ゆっくりと親孝行ができましたか?
温泉につかって、お猿さんと遊んで、こんなに素晴らしくたくさんの石橋をめぐって・・・・・。
院内町に75基もの石橋が!と驚きました。
画像を拝見した限りでは涼しそうにみえますが、暑かったのでしょうね
お疲れ様でした
 
 
 
鶴見岳 (ジュメ)
2007-08-14 09:10:47
早朝の鶴見岳は涼しいと情報をいただいておりましたが実行できず残念・・・。
こちらへは雪の舞う日に訪れましたダイヤモンドダストも見れ感激したものです。

アーチ橋も通りすがりになにげに見ておりましたが素晴らしい技術ですね~ 次回の楽しみができました!
野山で花をみつけアッこれタムリンさんちに載せてた
あの花だわ~と思う事しきりです ありがとう
 
 
 
きなこさん、おはようございます♪ (タムリン)
2007-08-14 10:53:16
きなこさん、おはようございます♪
おかげさまで、親孝行はできたのですが、この時期はどこへ行っても暑いですね。院内の石橋巡りは1日かけても全部は見れないそうです。
 
 
 
ジュメさん、おはようございます♪ (タムリン)
2007-08-14 11:01:35
ジュメさん、おはようございます♪
石橋めぐりは、もう少し涼しくなって行かれたらいいですね。院内の道の駅にはワインも売ってあります。2000円もするワインを買って帰ったのに知らないうちにすべて飲まれてしまいました。鶴見岳には霧氷の季節にロープウェイで登るのがいいですね(*^_^*)
 
 
 
ごめんなさい (ジュメ)
2007-08-14 12:35:21
すみません間違いました。m(__)m

ダイヤモンドダストは仁田峠のロープウエイでした。
キラキラ綺麗でしたが早く下りのロープウエイに乗りたくて・・・
鶴見岳でも見れるといいんだけど?
 
 
 
ジュメさん、おはようございます♪ (タムリン)
2007-08-16 09:59:13
ジュメさん、おはようございます♪
今年の2月に山の会で、仁田峠から霧氷を見に、妙見岳、国見岳、普賢岳を登りました。もちろん、ロープウェイは使いませんでした。少しだけ霧氷が見れてラッキーでした。鶴見岳でも見れるみたいなので、その時期に行くのもいいですね(*^_^*)
 
 
 
石橋 (アルママ)
2007-08-17 00:32:58
こんばんは。
美しい石橋がたくさんある町を初めて知りました。
近ければすぐにでも行って直接自分の目で見たいです。
町村合併で75基もの石橋の数になったとのこと、全部をみるのは、非常に大変だと気づきました。
石工さんたちが競ってよい石橋を架けたなんて、素敵なお話です。
 
 
 
アルママさん、おはようございます♪ (タムリン)
2007-08-19 09:05:44
アルママさん、おはようございます♪
道の駅「いんない」に石橋マップが置いてあります。それには2時間コース、半日コース、1日コースが紹介されています。2時間コースでは6ヶ所、半日コースでは9ヶ所、1日コースでは12ヶ所となっています。すべてまわろうと思えば、何回も通わないといけませんね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。