タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



九重夢大吊橋





かねてから行きたいと思っていた九重大吊橋へ行ってきました。人気は今も衰えず、土・日、祝祭日は大渋滞するのでさけた方がよいということで平日に休みと取っていくことにしました。月曜日で天候もそれほど良くないという予報だったので、観光客は少ないだろうと思っていましたが、駐車場は満車状態でした。大吊橋は九重の九酔渓に架かった橋で、全長390m、高さ173m、幅1、5mの日本一長い人道大吊橋です。橋からは振動の滝をはじめ3つの滝が見えます。しかし、今回は水不足から2つの滝しか見ることができませんでした。風がかなりあり、帽子をとばされたり、橋が揺れたりするので注意して歩行する必要があります。でも、上下に2本の手すりがついているので、それらを利用すると高所恐怖症の人でも大丈夫かも知れません。九酔渓の大渓谷は一見の価値はありますが、彩りという点ではこの季節はもの足りません。やはり、色とりどりの紅葉が楽しめる秋がお勧めです。しかし、大渋滞を覚悟してチャレンジする必要がありますね。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



« オキナグサ(... アズマイチゲ... »
 
コメント
 
 
 
お早うございます (まっ爺)
2007-04-04 08:55:11
由布岳のすぐ傍の倉木山に単独で行きました、
此処はアセビの群生で有名です、
裾野から回り込む登山道と
直登の急斜面がありますが
登りは回り込みの道を選択してくださいね、
もうアセビも満開でした、
イワカガミは一株確認できました。
このルートは日照りも良くて植物の観察も良いと思いますよ、
僕のブログにも乗せてます。
 
 
 
ゾ~~~っとします (アルママ)
2007-04-04 23:25:25
こんばんは。
すごい大吊り橋ですね。
(人もすごい!)
塩原温泉の紅葉谷大吊り橋がかつて日本最長だったそうですが、久住町の大吊り橋に追い越されたとか。
紅葉谷大吊り橋は渡ったことがあります。
やはり、紅葉の季節が良いですね。
 
 
 
日本一の大吊り橋 (すみれ)
2007-04-05 13:05:33
タムリンさんこんにちは 凄いですね 関東にもいくつかありますが、さすが日本一お上手なお写真から伝わってきます。紅葉は素晴らしいでしょう・・・
 
 
 
倉木山 (タムリン)
2007-04-05 21:41:32
まつ爺さん、こんばんは♪
倉木山には植物が多いと聞いていますが、まだ登ったことがありません。次に由布岳を訪れたときは倉木山にもチャレンジしてみたいと思います。由布岳の裾野にはもうキスミレが咲いているそうですね。サクラソウの蕾も大きくなっているようです。イワカガミももう咲いているのですね。楽しみな季節がやってきました(*^_^*)ブログにもお邪魔しますね♪
 
 
 
結構揺れます(^^;) (タムリン)
2007-04-05 21:46:45
アルママさん、こんばんは♪
大吊り橋は全国にたくさんあるのでしょうね。
親孝行のつもりで九重の吊り橋に行きました。高さや揺れは申し分ありませんでしたが、景色が今一歩でした。やはり秋がいいですね(*^_^*)
 
 
 
すみれさん、こんばんは♪ (タムリン)
2007-04-05 21:50:14
すみれさん、こんばんは♪
平日でも人出が多いでしょう。
まだまだ人気は続きそうです。
紅葉の秋は3時間も渋滞するそうです。
近づけそうもありませんね。
すみれさんも機会があれば是非訪ねてみてくださいね(*^_^*)
 
 
 
しものせき昭和レトロ処 (くしやん)
2007-04-05 23:24:11
タムリンさん、こんばんは・・・。
九重夢大吊橋、いいですね。くじゅう方面へ行けば、登山と両方出来ないかな、なんていつも思います。
この前、下関の昭和レトロ処へ行きました。間近にしてみると懐かしいですね。
今回は行く前に電話で開いているのを確認してから家内と子供たちとで行きました。
 
 
 
くしやんさん、こんばんは♪ (タムリン)
2007-04-07 23:41:14
くしやんさん、こんばんは♪
九重登山と大吊端のセットは魅力的ですね。実現できると大好評間違いなしです。今のところ吊橋にかかる時間が予想しづらいところが問題でしょうね。唐戸市場と昭和レトロ処を訪れる計画がいいですね。私も家族で行ってみようと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。