タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



エンレイソウ

今年は、九重の男池園地でシロバナエンレイソウの写真を撮りましたが、エンレイソウは初めてです。葉がやたらと大きな上に、花が極端に小さいのでどこを中心に撮ればいいのか迷う花です。葉が3枚、顎片が3枚とユリ科の特徴を持った花ですね。
ニシキゴロモ


ジュウニヒトエの初期か白花のキランソウかとも迷いましたが、結局ニシキゴロモに落ち着きました。花弁や葉の特徴と冠山の植物の植生を調べて、間違いないと思いました。小さなことにあまり気がつない性格なので、大まかなとらえ方しかできません。だから、迷うことが多いです。性格はなかなか変えることができませんね。
ミヤマカタバミ


純白な大きな花は好きなのですが、なぜかきちんと開いた花に出会うことができません。曇りの時はあまり開かないのかも知れません。でも、晴れたときもしっかり開いているものを見たことがないような気もします。
エイザンスミレ


たくさんのスミレの写真を撮りましたが、迷うものが多くて、未だ同定できていません。迷わなくてよいものはこのエイザンスミレだけです。尾根に近づくにつれてエイザンスミレの数が増えていき、尾根道には群れになってたくさん咲いていました。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 5月4日冠山... ハシナガヤマ... »
 
コメント
 
 
 
エンレイソウ (アルママ)
2007-05-19 14:10:17
こんにちは。
エンレイソウは昨年6月北海道礼文島でみました。
咲き初めか終わりかわからないまま、写真を撮ってきました。ツアーの人たちといっしょなので、ゆっくり撮れないので、とにかくピントだけはあってますようにといのりながら撮りました。
今度見る機会があったら、ゆっくり見たいお花です。

叡山スミレは山野草の好きな友達が大事に植えていますので、私もこのスミレだけは区別がつきます(笑)

山のお花はどれも清楚で美しいですが、ミヤマカタバミもいいですね。初めてみます。
庭にあるカタバミと同じ科なのでしょうが、沢山ありすぎるとありがたさが失われます。
 
 
 
アルママさん、こんにちは♪ (タムリン)
2007-05-20 17:53:15
アルママさん、こんにちは♪
私の行動範囲は九州は熊本、中国は広島、島根あたりまでと限られています。この範囲より遠くはツアーを利用しようと思いますが、未だ実行に移せません。関西や東日本の山にも行ってみたいと思います。でも、ツアーだとゆっくり写真は撮れないでしょうね(^^;)ミヤマカタバミの花は黄色いカタバミの花よりずいぶん大きいです。葉を見ればカタバミとすぐに分かりますが、少し角張って三角形に近い形をしています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。