タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



鯛生金山(たいおきんざん)






日本の金山といえば佐渡が有名ですが、鯛生金山は全盛期には、年産出量二トン半という東洋一の金鉱山だったそうです。昭和47年に閉山した金山は、その坑道が地底博物館となり、入口から約800mほど見学できます。坑道の中は当時の様子をリアルに再現しています。また、ここは道の駅「鯛生金山」でもあります。周辺には鯛生家族旅行村があり、キャンプ場やテニスコート、スポーツセンターミニ遊園地、一村一品館、レストランなどで一日中楽しめます。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 酒呑童子山(... 凍ったナメコ »
 
コメント
 
 
 
地底博物館 (アルママ)
2007-11-26 23:10:05
こんばんは。
金山といえば佐渡を思い出しますが、鯛生金山も大きな金山だったのですね。
廃坑した後の坑道を使って博物館にするのは良いアイデアですね。
先日見学した足尾銅山も同様でした。
今歩いている坑道が昔の坑道だったと思うと、当時に思いをはせながら、じっくり見学しますね。
鯛生金山が道の駅になっているそうですので、機会があればぜひ訪ねたいです。
 
 
 
アルママさん、こんばんは♪ (タムリン)
2007-11-27 20:41:33
アルママさん、こんばんは♪
私の行動範囲は、九州と西中国で、ほとんどが日帰りできる距離です。余裕ができれば、関西、関東、東北、北海道にも行きたいと思っています。今月、50代に突入したので、元気なうちにいろいろなところへ行っておきたいですね(*^_^*)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。