タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



3月29日コミスポの月例登山で九千部山(くせんぶやま)に行きました。九千部山は、背振山地の東の端に位置します。鳥栖インターを下り、登山口のある七曲峠へと向かいました。そして、七曲峠~三国峠~右谷山~九千部山~グリーピアかながわという行程を歩きました。今回の登山の醍醐味は、約3キロに及ぶ尾根歩きです。ブナやカエデなどの自然林の中を歩き続ける尾根道は、展望には欠けますが、新緑の頃、木漏れ日を浴びながら新鮮な酸素をたくさん含んだ空気や新緑の香りを吸い込みながら歩くと最高でしょう。

石谷山




九千部山山頂






九千部山山頂は、地上デジタルテレビやアナログテレビ、FM放送の基地となっており、たくさんのアンテナや建物がありました。また、木造作りの展望台からは周辺の山々が見渡せますが、残念ながらこの日は今一歩の天候でした。

アオキ


タチツボスミレ


ニワトコ


ケクロモジ


サツマイナモリ


ツクシショウジョウバカマ




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 九重連山② 虚空蔵山(佐... »
 
コメント
 
 
 
お花いろいろ (アルママ)
2009-05-03 23:34:03
こんばんは。
ご無沙汰しておりました。

アオキは平地から丘まで、いたるところに生えているのですね。
赤い実は目立ちますが、花も可愛い花ですね。
今年は私も雌雄の花を探して近所をうろうろしました。
タチツボスミレの花の形がよくわかります。
このスミレは我が家でも勝手に咲いてくれますので、今年も楽しみにしています。
 
 
 
アルママさん、おはようございます♪ (タムリン)
2009-05-04 08:49:26
アルママさん、おはようございます♪
こちらこそご無沙汰ばかりで申し訳ありませんm(_ _)m
木の花は雄花と雌花で形が違うので難しくなりますね。なかには両性花も持っているものもあります。スミレは中間的な特徴をもつ個体が多く、変化に富んでいるので、名前を決めるのに時間がかかります。タチツボスミレは平地から山の頂上まで幅広く存在するので最もポピュラーなスミレかも知れませんね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。