タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



アキカラマツ




アキカラマツは、キンポウゲ科の植物です。アルカロイドを含んでいる毒草ですが、健胃薬にも用いられます。調べてみると、次のような説明がありました。「低山地~山地の日当たりの良いところに見られる高さ1m程度の多年草。葉は2-4回3出複葉。直径1cm程度の淡黄色の花を夏~秋に咲かせる。」

カワミドリ




カワミドリは大型のシソ科の植物です。調べてみると、次のような説明がありました。「山地の水辺など湿ったところに生える40-100センチメートルの高さの多年草。7~10月に枝先に長さ5~15センチの花穂を出し、紫色の小さな唇形花を多数密集してつける。草全体に特有の香りがあり、乾燥して風邪薬などに使われる。」

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 10月4日秋... 10月4日秋... »
 
コメント
 
 
 
アキカラマツ (アルママ)
2008-10-11 17:30:55
も初めてです。
カラマツとつくので、木かと思いましたが、草なんですね。
花が変わった形をしていますね。
知らない花がたくさん撮られているので、とても楽しいです。
でも、覚えるのが大変です。
 
 
 
アルママさん、こんにちは♪ (タムリン)
2008-10-13 14:30:38
アルママさん、こんにちは♪
花の形がカラマツの葉に似ていることからついた名だそうです。秋吉台にはとてもたくさんある植物の一つです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。