タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



イワショウブ


池の段にたくさん咲いていたイワショウブです。ショウブの花とは全然形が違いますが葉の形はよく似ています。氷河期の遺存植物といわれています。
シラヒゲソウ



池の段にある湿地で今年初めてシラヒゲソウに会うことができました。こんなに早く咲いているとは思いませんでした。
クロバナヒキオコシ



クロバナヒキオコシとは初めての対面です。今回の目的の花の一つでした。クロバナヒキオコシは山地に生えるシソ科ヤマハッカ属の多年草です。茎葉は四角形で稜上に毛があり、高さ0.5~1.5mになります。葉は対生し、柄があり、広卵形で長さ6~15㎝です。花はまばらな集散花序につきます。花冠は暗紫色で長さ5~6㎜の大きさです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 再び比婆山連... 再び比婆山連... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。