タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



センブリはリンドウ科、センブリ属。
日当たりのよい山野に咲きます。
昔から生薬として使われています。
乾燥させ煎じて飲むと、胃腸薬としての効用があります。
千回煎じてもまだ苦いことからセンブリという名がつきました。

センブリ① 白い花には薄紫の縦縞があります。



センブリ② 茎先に花をつけます。


センブリ③ 5枚の花びらは離れているように見えますが、
 根もとでくっついているので合弁花です。



センブリ④ 日が当たっているときに花を開きます。 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ナンバンギセ... ムラサキセン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。