タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



センボンヤリの花は、春と秋の2回咲きます。
春にはタンポポに似た花を咲かせます。
花弁の裏が紫色をしているので、
別名をムラサキタンポポといいます。
しかし、春の花は結実しません。
秋の花は蕾のまま終わる閉鎖花です。
しかし、自家受精をして結実します。
普通、開花した花が風や虫や動物の助けを借りて、
受粉する仕組みの植物が多いなか、
ちょっと変わりものですね。
閉鎖花が大名行列の毛槍(けやり)のように見えることからついた名です。
キク科、センボンヤリ属。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« オキナグサ キジムシロ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。