タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 









開聞岳は薩摩半島の南端から海に突き出たように聳え立っています。その美しい円錐形の姿から薩摩富士と呼ばれています。どの角度から見てもきれいな円錐形をしています。富士と名がつく数々の山の中でも一番美しいのではないでしょうか。標高は924mで、1000mに及びませんが、登山時の標高差も924mなので、結構ハードな登山となりそうです。今回は旅行で来たので登りませんでしたが、いつかは登ってみたい山です。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« いぶすき篤姫館 長崎鼻の植物 »
 
コメント
 
 
 
開聞岳 (konoha)
2008-08-14 20:51:42
タムリンさんこんばんは☆
開聞岳コミスポで登りましたよ。渦巻きみたいに開聞岳を登っていくので、360度楽しめる登山道でしたよ。きつかったことより、眺望のすばらしさに感動しました。
さて、木曽駒konoha夫婦も行きます。よろしくお願いします。
そうだ、木の葉ブログに来ておられる「KUMA」さんのブログに7月に行かれた駒ヶ岳をアップされています。よかったら行ってみてくださいね。写真も紀行文もとってもすばらしいブログです http://blogs.yahoo.co.jp/syumatsunotabibito/archive/2008/8/1
 
 
 
konohaママ、おはようございます♪ (タムリン)
2008-08-15 08:47:40
konohaママ、おはようございます♪
開聞岳はくるくるらせん階段を上るような登山道なのですね。眺望の素晴らしさは、容易に想像できます。
木曽駒ヶ岳、こちらこそよろしくお願いします。人数がそろい、実施できるといいですね。早速、KUMAさんのブログを見させていただきました。雪が残っているので、長袖やアイゼンが必要みたいですね。千畳敷カールまではロープウェイなどで行けるので、ここからなら私でも頂上まで歩けそうです。楽しみにしています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。