タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



ヤマエンゴサクは、ケマンソウ科キケマン属の多年草。
湿っぽい山野やその周辺に生えます。
類似種にジロボウエンゴサクがあります。
ほとんど見分けがつきませんが、苞(ほう)の形で区別できます。
苞(ほう)とは花の根もとに着いている葉のことです。苞葉ともいいます。
もともとは蕾を包んでいたのですが、開花してからも花の近くに残ります。




ちなみに、タロボウはスミレのことだそうです。
他に、エゾエンゴサクもありますが、見たことはありません。




ヤマエンゴサクの苞には、蛙の手のような切れ込みがあります。



ジロボウエンゴサクの苞は丸っぽいです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« スミレサイシン ルーター交換 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。