タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



オミナエシは、オミナエシ科オミナエシ属。女郎花(おみなえし)と書きます。秋の七草として有名です。茎や花が黄色で派手な印象があるのでこの名がついたようです。昔は、どこにでもある花だったのでしょうが、今では限られた場所でしか見ることができません。秋吉台では、8月~10月に見ることができます。同じ頃、オトコエシも花を咲かせます。オトコエシも、オミナエシ科オミナエシ属。花や姿はオミナエシそっくりですが、花は白色、オミナエシに比べ背が高く頑丈そうなので、男朗花(おとこえし)の名がつきました。こちらは、里山や山道の斜面などに普通に見られます。

オミナエシ




オトコエシ




コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« クルマバナ(... 平尾台(北九... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
羊群台地(平尾台)の植物 (シトリン(黄水晶)の藤巴日記)
本日は「羊群台地に咲く秋の草花」を紹介します。 写真の羊群台地は、福岡県北九州市・行橋市にある平尾台です。昨日(10/17)は平尾台までドライブに行って来ました。紅葉は未だですが、秋の草花が咲いていましたよ。     ヤマハッカ(山薄荷...