タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



私たちに最も身近なフウロソウの仲間は、ゲンノショウコでしょう。九州では、イヨフウロ、タチフウロ、ツクシフウロを見たことがあります。広島県にはビッチュウフウロがあります。フウロソウの仲間には咲いていた(咲いている)地域の名がついたものが多いですね。伊予風露(イヨフウロ)、筑紫風露(ツクシフウロ)、備中風露(ビッチュウフウロ)、伊吹風露(イブキフウロ)、白山風露(ハクサンフウロ)、浅間風露(アサマフウロ)、蝦夷風露(エゾフウロ)、郡内風露(グンナイフウロ)・・・・。花の形や色、葉の形、めしべや種子の形等よく似た特徴があるので、フウロソウの仲間であることは容易に分かりますが、その反面、何というフウロソウかを確認することは難しくなります。7月の霧ヶ峰にはたくさんのハクサンフウロが咲いていました。湿地には、グンナイフウロも咲いています。夏の後半には、アサマフウロを見かけることでしょう。ハクサンフウロの花は、淡いピンク色ですが、アサマフウロは濃い赤紫色です。







コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )



« ウスユキソウ... グンナイフウ... »
 
コメント
 
 
 
高山植物の旅 (メルママ)
2009-07-25 21:05:59
フウロの仲間は多いのですね。
千畳カールにも見かけました。
ウスユキソウもこれは形が元のハハコグザに近いですか?
立山や尾瀬などで見るのは姿がほんとにヨーロッパのエーデルワイスそっくりですね。
 
 
 
好きな色 (土の子)
2009-07-26 07:17:22
いつも心の栄養をいただいています

とてもきれいな色ですね
特に1枚目の色は大好きな色です

実家の近くの山(山口の山間部)で
昔ゲンノショウコウが採れたと聞いたことがあります



 
 
 
メルママさん、おはようございます♪ (タムリン)
2009-07-26 08:43:27
メルママさん、おはようございます♪
ウスユキソウは、言われる通り、ヤマハハコに似ています。葉が長細いウスユキソウを見たとき「ヤマハハコかな?」と思いました。ウスユキソウとエーデルワイスの違いについては詳しくありませんが、ウスユキソウにはいろいろな種類があって、日本にもエーデルワイスに近い種があると聞いています。立山や尾瀬にあるものがそれなのでしょうね(*^_^*)
 
 
 
土の子さん、おはようございます♪ (タムリン)
2009-07-26 08:50:40
土の子さん、おはようございます♪
コメント、ありがとうございます。
ゲンノショウコは、道ばたや山の麓などにたくさん見られると思います。薬草としても有名ですね。外来種のアメリカフウロなども野生化しています。山や高原で見かけるフウロソウは花が大きいです。3㎝以上あります。私も白に近いピンク色のさわやかな花が好きです。
 
 
 
ハクサンフウロ (アルママ)
2009-07-28 15:53:18
本当にフウロソウの仲間は多いですね。
やはり、その地域の名前がつけられることが多いのですね。
でも、区別は難しいですね。
わがやの近くでは、アメリカフウロが大繁殖しました。
今は農薬で全部枯れています。
どれも、淡いピンクをした可愛い花ですね。

 
 
 
アルママさん、こんばんは♪ (タムリン)
2009-07-29 20:39:59
アルママさん、こんばんは♪
アメリカフウロは、野生化していますね。
葉や花はフウロソウそのものですが、
花が小さいのが残念ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。