タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



白山を代表する高山植物の一つにハクサンコザクラがあります
日本に自生しているサクラソウのほとんどは、絶滅危惧種に指定されている貴重な植物です。
しかし、園芸種としては人気があり、広く出回っています。




名前の通り、サクラソウに似ていますが少し小ぶりです。
草丈、葉の大きさや花つきもサクラソウには劣っている感じを受けます。
花期の短い高山の湿地で生き抜くための「つくり」なのでしょうね。




花弁の切れ込みが深いため、実際は5枚ですが、10枚のようにも見えます。



もう少し写真をたくさん撮っておけばよかったと後で後悔しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« アサギマダラ... クルマユリ(... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。