タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



山口県岩国市錦町の雙津峡(そうづきょう)で撮った写真です。
イワタバコの写真を撮りに行ったのですが、
遊歩道沿いにはたくさんの花が咲いていました。
ミズヒキに混じって、同じような細長く小さな花序にまばらに花を付けたヌスビトハギを見つけました。
ヌスビトハギは、マメ科ヌスビトハギ属。
果実がどろぼう(盗人)の足跡に似ていることからついた名です。
昔のどろぼうは足の裏の外側だけが床につくように歩いたそうです。
でも、私にはサングラスに見えます。


ヌスビトハギ




先に進んで行くと、薄いピンク色の花の集まりに出会いました。初めて見る花ですが、花の形からマメ科であることは間違いありません。よく見てみると花序や葉の形などがヌスビトハギに似ています。家に帰ってから調べてみると、ヌスビトハギの仲間のフジカンゾウであることが分かりました。花はヌスビトハギの倍以上大きさです。実も同じようにサングラス型をしていました。写真は、花が大きい分だけヌスビトハギより撮り易かったです。

フジカンゾウ








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« イワタバコ(... 8月23日木... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。