タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



鯛生金山坑道~第一立坑~

鯛生鉱山の主坑道からは、第一から第五までの立抗が掘られており、そこからたくさんの水平抗を掘りながら鉱石を探しました。そこで得られた鉱石は捲揚機で主坑道まで引き上げられてから運び出されます。


鯛生鉱山の所々には酒蔵があり、お酒が寝かされて、貯蔵されていました。







鯛生金山の象徴として展示されていた1億円する夫婦鯛の雄鯛が昨年盗まれてしまいました。犯人は特定されたみたいですがまだ、黄金の雄鯛は戻っていません。そういうわけで、今展示されているものはレプリカです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 東鳳翩山で見... 3年目のリッ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ジュメ)
2007-12-12 19:43:14
やっと黄金の鯛様が貼られましたね~♪
まだかまだかと待ってました!
犯人が特定(よその国の人でしたね?)されても
戻りそうにないですね
 
 
 
お待たせしました。 (タムリン)
2007-12-14 06:41:54
ジュメさん、おはようございます♪
黄金の夫婦鯛、お待たせしました(笑)
犯人がわかっても肝心の鯛が戻ってこないことには、嬉しくありませんね。
年の瀬が近づき、忙しくなると思いますが、ご自愛くださいね。今年はインフルエンザに要注意です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。