タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



ヤマネコノメソウ

ネコノメソウとヤマネコノメソウの区別は葉の付き方でします。対生がネコノメソウ、互生がヤマネコノメソウです。今回は、葉の付き方の確認を怠ったので、確実ではありませんが、おしべの数と生育環境でヤマネコノメソウと判断しました。

ヤマアイ

名前から想像できると思いますが、昔は染料に使われていたそうです。アイのように青色には染まらず(インジゴを含んでいない)に、緑色に染まる(葉緑素の色)そうです。

ミツマタ

コウゾ・ミツマタは、紙の原料になると中学校の社会科の教科書に書いてありましたが、今でも紙幣作りに使われているみたいですね。枝が3方向に分かれるところからミツマタと名付けられました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 総領町の早春... 広島県三次市へ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。