タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



シロヘビ








シロヘビは長さ180cm、胴回り15cm余り。目はルビーのように赤く、全身は白く光沢があり、清楚な姿でとても神秘的である。性質はおとなしく温順で人に危害を加えることもない。
 このシロヘビの最初の記録として持っているものは、今からおよそ250年前に書かれた「岩邑年代記」である。そこには1738年6月、千石原(現在の横山三丁目)に出現と記されている。
 シロヘビの誕生がいつ頃かは不明だが、約380年前、関ケ原の戦いで岩国に移封された17代藩主吉川広家が錦見一帯で米作りに努めた頃、多くの米倉でネズミをエサにしていたアオダイショウが色素細胞のない変種で、それが遺伝し生まれてきたとされている。当時の人々はこの珍しいヘビを、有益で幸運を呼ぶ家の守り神として大切に保護したと考えられ、その数も増したといわれている。
 大正13年12月9日、錦川をはさんだ今津、麻里布、川下地区が国の天然記念物に指定され、昭和47年8月には「岩国のシロヘビ」と指定替えされた。
 この中で麻里布地区は苦からのシロヘビに加え、川下地区は旧家が多く、倉庫や石垣、水路など生息条件の良いことが、この地区に多く見られる理由である。しかし、近年生息地域の都市化が進み、餅となるネズミ等の動物相も変化するなど、環境の変化により、その生息数は減少しつつある。
 吉香公薗と今津町天神山には、シロヘビの観覧施設があり、いつでも美しい姿を見ることができる。
 岩国市では(財)岩国白舵保存会と共に、官民一体の保護保存活動を進めているところである。【岩国白蛇保存会ホームページより】


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 錦帯橋(山口... ハイノキ(福... »
 
コメント
 
 
 
シロヘビ (アルママ)
2008-02-21 21:17:28
こんばんは。
シロヘビはどこかの観光地で見たことがあります。
綺麗なので、見世物にしていたのかもしれません。

シロヘビが、他の色が混じらずに次の世代を残していく為の保護活動があるのですね。
良く見ると本当に美しいです。
 
 
 
アルママさん、おはようございます♪ (タムリン)
2008-02-22 07:08:57
アルママさん、おはようございます。
シロヘビの観覧所には初めて入りました。
吉香公園には何度も行ったことがあるのですが・・・。
ここは桜の名所でもあります。
錦帯橋に吉香公園、岩国城、鵜飼いにシロヘビ、
山口県で最初に世界遺産に登録されるのはきっとここでしょうね(*^_^*)
 
 
 
シロ・・ (ジュメ)
2008-02-23 20:09:12
徳山動物園で何十年も前にみました
目が赤くて・・・

山口県ハシロ・・の産地?
同じアルビノでもチョットかな

錦帯橋の河原の石は人形のかたちをしてるって聞いた事あります
タムリンさん見つけましたか?
 
 
 
ジュメさん、おはようございます♪ (タムリン)
2008-02-24 08:12:42
ジュメさん、おはようございます♪
シロヘビが徳山動物園にいるのですね。
上の子が小さな頃に行った記憶がありますが、シロヘビは覚えていません。
確か、入り口近くにお相撲さんの食堂がありましたよね。
錦帯橋の河原にお人形さんの小石があるのですか?
初めて聞きました。今度行ったときに探してみようと思います。親戚がいるので岩国にはよく行くんですよ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。