タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



銀鉱石



日本銀は、16世紀半ばから17世紀前半の最盛期には、世界の銀生産量の約3分の1を占めていました。そのかなりの部分が石見銀山だったと考えられています。石見銀山で産出される銀は、高品位で信用が高く海外にも多量に輸出されました。

五百羅漢


501体の羅漢像は、様々な表情をしています。

町並み地区





町並み地区は、石見銀山の外郭町となる地区です。この地区には、武家や商家、社寺など様々な身分の建物が混在しているのが特徴です。自動販売機や郵便局も町並みの景観をくずさないように工夫されていました。

大森代官所跡


鉱山資料、奉行代官資料などが展示されています。石見銀山の歴史を追体験することができます。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 石見銀山へ① 仁摩サンドミ... »
 
コメント
 
 
 
石見銀山 (アルママ)
2007-11-11 18:29:10
こんばんは。
世界遺産に登録されるだけの価値があるところですね。
当分訪ねることは無理なので、タムリンさんの写真をよく見て、勉強しておきたいと思います。

五百羅漢さまは見ていて飽きないですね。
一体一体全部写真を撮りたくなります。

町が活気を帯びてますね。
また、工夫をこらした自動販売機は面白いです。

郵便局もポストは数が少なくなったと言われる丸いポストですね。古い町並みを意識してのことですね。

機会があったら、行ってみたいです。

私は先日足尾銅山へ行ってきました。
坑道は銀山のように間歩とは言っていませんでした。
銀と銅の違い?
 
 
 
鯛生金山 (タムリン)
2007-11-19 21:30:33
アルママさん、こんばんは♪
ご返事が遅くなり申し訳ありません。
パソコンがやっと修理から戻ってきました。
半額負担で3万円でした。
新しいものを買うよりは安上がりでしたのでよかったです。今度は、山登りの会の人たちと鯛生金山に行ってきました。近々アップしようと思います。
足尾銅山の坑道は長いのでしょうか。石見銀山は短くてすぐに終わってしまいましたが、鯛生金山は見学に1時間もかかるほど大規模でした。
 
 
 
石見銀山 (ジュメ)
2007-11-20 12:02:48
やはりタムリンさんだわ~ 
視点が違いますね!

見せていただいて改めて訪ねてみたくなりました。
 
 
 
ジュメさん、こんばんは♪ (タムリン)
2007-11-21 19:55:19
ジュメさん、こんばんは♪
11月は、山や旅行にたくさん行けそうです。
23日はキノコを探しに西中国山地に、25日は九重に紅葉を見に行こうと思います。18日は山の会の人たちと鯛生金山に行きました。やはり自然は最高ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。